情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第59期王座戦 渡辺竜王が王座奪取で二冠へ
9月27日に行われていた第59期将棋王座戦五番勝負の第3局は、挑戦者の▲渡辺明竜王が147手でもって△羽生善治王座を下し、なんと開幕から3連勝のストレートで王座のタイトルを奪取しました。
これにて、渡辺新王座は竜王と併せて自身初の二冠となり、同時に羽生前王座の20連覇の夢が消えてしまいました。

戦型は横歩取りでした。私は羽生王座のゴキゲン中飛車の採用も30%くらいあるかなとみておりましたが、本局は飛車が空中を舞う戦いを選ばれました。

下図の局面辺りではすでに後手がリードしている形で、普通ならもう先手が嫌になってしまいそうですが、渡辺竜王は冷静に局面を解析しながら相手の攻撃をかわしていきました。

王座戦第3局56手目

局面進んで、下図の69手目▲5七金に対して羽生王座は△5四飛と一旦飛車取りを避けました。

王座戦第3局69手目

しかし、ここでは強く△2七桂成とし、▲3九金に△4九銀(変化図)と打ち込めば後手がかなり優位になっていたのではないかと推測しますが、如何だったでしょうか?

王座戦第3局変化図


それにしても、渡辺竜王は羽生さん相手に相性がいいというのか負けませんよね。特にタイトル戦に於いては圧倒している感じです。これは渡辺竜王本人にしか分からないことなんでしょうね。
本シリーズでもこれといって渡辺竜王が攻めきっているような局面は少なかったと思いますが、終わってみれば負け無しの3連勝という見事な成績。

羽生さんはこれまで終盤に於いて羽生マジックといわれる妙手を出しては不利な局面をひっくり返すことが多かったのですが、最近は渡辺竜王のように確実な手を指す棋士相手には通用しなくなっているのかもしれません。

渡辺竜王、二冠目のタイトル獲得おめでとうございます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/254-1b5454c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック