情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第52期王位戦 羽生二冠が奪取
3勝3敗のタイに縺れ込んでいた第52期王位戦七番勝負の最終第7局が昨日指し終わり、振り駒で後手番になった羽生善治二冠(王座・棋聖)が116手で広瀬章人王位を下し、4勝3敗で王位を奪還しました。

本局の戦型は、先手の広瀬王位が得意の四間飛車穴熊に、対し羽生二冠は居飛車穴熊で対抗。相穴熊戦での見応え有る戦いが繰り広げられました。

相穴熊戦は終盤になるまでどちらが勝勢なのか分からない戦いが多いのですが、本局も形勢は途中で動いたにしろ、最後まで目が離せない内容だったと思います。

棋譜を一通り鑑賞して、「ん?」と思ったことがありますので下記に掲げます。

王位戦第7局78手目

上図は78手目、後手羽生二冠が4八の銀を△3九銀成と潜り込んだ局面です。これに対し先手の広瀬王位は▲同銀と応じましたが、ここは▲同金の方が良かったのではないかと疑問を感じました。

▲3九同金にはすぐに△3八歩と叩かれますが、以下▲同金とし、△4九龍には▲3九金(変化1図)と龍を弾いて、次▲4六歩と相手の香車の筋を塞ぐ手順はどうでしょう?

王位戦第5局変化1図

また、△4九龍のところで△5七歩と垂らす手もありそうですが、これには▲5一飛(変化2図)と打ち降ろしておいて、いざというとき5筋に利きそうですのでいいと思うのですが・・・。

王位戦第7局変化2図

▲3九同銀でも▲3九同金でも先手が悪いようなら、そこまでの形勢ですでに勝負がついていたことになります。そうなると、ずっと以前の局面で何か(先手に)問題があったということになりますね。(仕掛け辺りで無理があったのか?)

本局で印象に残った指し手では、終盤の羽生二冠の歩の使い方が参考になりました。
△4七歩(96手目)、△4六歩(102手目)、△3八歩(104手目)といったところ。


羽生さんは、本シリーズ2連敗後2連勝したあと、第5局で星を落として窮地に立たされ、第6局と本局での連勝により、逆転でタイトルを奪い取りました。粘り抜いた勝利でしたね。
まだまだ若い者には負けられないという思いが伝わってきそうです。

王位のタイトルを奪取したことにより、羽生さんはこれで通算80期のタイトル獲得を成し遂げ、故大山康晴十五世名人と並んで歴代1位となりました。(正に凄いの一言)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/252-6c6962eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック