情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第52期王位戦七番勝負 3勝3敗のタイに
第52期王位戦七番勝負の第6局は、序盤から妙な展開で進み縺れた将棋になりました。
結果は際どい局面を制した挑戦者の羽生善治二冠が122手にて広瀬章人王位に勝ち、これで対戦成績が3勝3敗のタイになり、タイトルの行方は最終局へ持ち越されることになりました。

相振り飛車で力戦形となった本対局は、最後まで気の抜けない戦いとなりました。形勢も何回か入れ替わっていたのではないかと思われます。

この対局で、「へぇー」と驚かされたのが下図の局面の次の手でした。

王位戦第6局60手目

後手の羽生挑戦者が△7一玉と寄ったところで、先手の広瀬王位は▲4八金右と指しました。私なんかだったら絶対に指せない手です。解説には次に▲3八玉の狙いがあるとのことですが・・・。

上図からは平凡に▲6七金でどうでしょうか?
△4四角と引いてくれれば、そこで▲3三歩成△同角▲3二馬△同金▲3四歩(変化図)とします。

王位戦第6局変化図

変化図から△2二角には▲5二飛と打ち付けて3二の金を狙いに行きます。また、△4四角ならば▲2一飛と打ち降ろして2五の桂馬を抜くことができます。


羽生二冠が最後まで諦めずに粘り勝ちしたことで、このシリーズもいよいよ次局クライマックスを迎えることになりました。

勝利の女神は一体どちらに微笑むのか、ドキドキしてしまいますね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/250-e8b08a46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック