情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第52期王位戦 広瀬王位、穴熊戦を制して初防衛に王手
注目された第52期王位戦七番勝負の第5局は、後手番の広瀬章人王位が相穴熊戦を制し、挑戦者の羽生善治二冠を負かして、タイトル初防衛に王手を掛けました。

広瀬王位の伝家の宝刀ともいえる振り飛車穴熊に、羽生挑戦者がどのように挑むのか注目しながらの鑑賞でしたが、結果的には相穴熊戦を見事に制した広瀬王位の快勝譜だったと思います。
それも羽生挑戦者の一手の指し手の違いで勝敗の模様が違ってしまいました。

下図は封じ手前の局面。

王位戦第5局封じ手前

本譜の封じ手は誰もが予想していたに違いない▲4三成銀ではなく、▲3三とでした。以下△6四角▲4三と△5五飛▲2六飛△5七歩成・・・、で明らかに後手優勢となり、終盤まで形勢が逆転する兆しは見えませんでした。

上図から封じ手の局面で検討されていた▲4三成銀とし、△5一飛に▲5三成銀△同飛▲4四角(変化図)とすれば先手がまだ戦えていたと思います。

王位戦第5局変化図

変化図から△5四飛なら▲3三角成△5七歩成▲4三馬△5六飛に▲6五馬といった具合。
また、先に△5七歩成には▲5三角成△同金▲5一飛△2七歩成▲同飛△6二銀▲1一飛成で、まだこれからの勝負になりそうです。


本譜78手目の△6七角で勝負有りですね。その後は早い時間で決着が付いてしまいました。

それにしても、穴熊戦での広瀬王位の戦いぶりは見事ですね。勝負の勘所を掴んでいる感じがよく伝わってきます。
(今まで上位棋士が泣かされてきたのも無理はないといったところでしょうか)

さて、次局どうなりますか。広瀬王位が決めてしまうのか、羽生挑戦者が最後まで食い下がるのか楽しみとなりそうです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/249-ac909a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック