情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第22期女流王位戦 甲斐女流王位初防衛
昨日行われた第22期女流王位戦五番勝負の最終局(第5局)は、振り駒で後手番となった甲斐智美女流王位が112手にて挑戦者の清水市代女流六段に勝ち、3勝2敗として初防衛を果たしました。

甲斐女流王位は2手目にいきなり△3二飛として三間飛車戦法をとりました。これに対して清水女流六段は落ち着いた駒捌きで対応しました。

途中飛車交換があり、お互い手に持った飛車を相手陣に打ち込んでの攻防が繰り広げられました。

終盤に入っての攻め合いは幾分後手ペースのように感じましたが、下図の局面で先手にもチャンスがあったかもしれません。

女流王位戦第5局80手目

本譜は図から▲5五角と飛び出して相手陣(美濃囲い)の急所を狙いに行きましたが、上手い具合に詰めろが続かなくなり、その後は甲斐女流王位の確実な攻めに屈服してしまいました。

上図からは(Twitterによる)解説にもありましたが、▲4五龍と桂馬を捕獲しながら龍の縦の利きを守り(何かの時に後手の龍を止める事が出来る)に活用する手が有効だったと思います。
▲4五龍以下(参考ながら)△6九銀不成▲同金△5八金▲同金△同とと進めて、そこで▲5五角(参考図)とすれば先手にも楽しみがあったでしょう。

女流王位戦第5局参考図

参考図は次▲7四桂に△9二玉▲9三銀△同玉▲8二銀以下の詰めろになっています。


2連敗後2連勝してタイトル奪取にあと一息だった清水さんでしたが、最終局積極的に攻めの姿勢をとった甲斐女流王位の指し手に幾分押さえ込まれた感じを受けました。
普段なら清水さんが押さえ込む将棋が多いのですが、本局は甲斐さんが冷静に指していて駒捌きも良かったと思います。

甲斐女流王位、初防衛おめでとうございます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/244-991c73e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック