情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第60回NHK杯将棋 羽生名人三連覇達成
昨日(3/27)放映されました第60回NHK杯将棋トーナメントの決勝戦(▲羽生善治名人-△糸谷哲郎五段)を取り上げます。

戦型は後手番の糸谷五段からの一手損角換わりで、双方が早繰り銀の構えをとり攻撃的な序盤戦で進みました。

途中から糸谷五段が飛車を4筋に振り力戦模様の展開となりました。
その後の展開で一つ気になったことがありましたので、それを掲げます。

下図は先手の羽生名人が▲5三銀と打ち付けたところです。

NHK杯決勝戦61手目

後手の糸谷五段がどこに飛車を逃がすのだろうかと観ていましたが、本譜は△4五飛でした。以下▲5六金△3五飛に▲2六金と飛車を苛められ、結果先に飛車を渡してしまいました。ここの局面での変化は大きかったと思います。

上図から△4六飛と逃げていたらどうだったでしょう?
△4六飛に対して本譜のように▲5六金なら△3九角(変化図)と打って後手の方が指せてないでしょうか?
また、△4六飛に対して▲5二とと攻め込んできたらそこで△2二玉と早めに逃げる手がありそうです。

NHK杯決勝戦変化図

(変化図から▲1八飛なら△5六飛▲同歩△6六角成といった具合)

△4五飛よりは△4六飛とかわした方が良かったように思いました。

もう少し縺れる戦いになるのかなと思っていましたが、最後は意外にもあっさりとした感じでしたね。


勝った羽生名人は史上初の三連覇を果たし、通算9回目の優勝となりました。
早指し戦でも無類の強さを発揮するあたり、まだまだ羽生名人に衰えといったものは見受けられません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/234-bd1dd97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック