情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第36期棋王戦五番勝負 1勝1敗のタイに
昨日(2/26)行われました第36期棋王戦五番勝負の第2局は、序盤後手の久保利明棋王がゴキゲン中飛車に構えると、先手の渡辺明竜王がすぐに▲5八金右と指し、以下お決まりの超急戦となりました。

結果は、渡辺竜王が途中前例から離れる手を指し、終始早攻めの指し手でもって79手の短手数で勝利を収めました。

下図はその前例から離れた局面です。

棋王戦第2局37手目

▲1三龍に対して後手はいろいろと手が広く迷うところですね。
本譜は△6六馬と6三の地点を狙っている香車を奪い、▲同歩に奪った香車を△5六香と打ち付けましたが、すぐに▲5七香と合わされ、以下緊迫した局面が続きました。
途中渡辺竜王が打ち放った47手目の▲2八歩が旨い手で、30手目に後手が打った攻防の角が捉えられてしまいました。この辺り駒の損得もあって先手が指しやすいように感じました。

上図から、先手の攻めの拠点の一つにもなっている5五の歩を払う△5五飛(変化1図)と走る手は駄目だったんでしょうか?

棋王戦第2局変化1図

変化1図から▲5六歩には△同飛と応じ、以下▲5七香に△6六飛!▲同歩△5六歩▲同香△8九馬とし、次▲5三桂には△6七香(変化2図)と攻め合うのはどうでしょう?

棋王戦第2局変化2図

変化2図より▲6八香の受けには△7七桂と援軍を送ります。
飛車で(先手の)攻撃の拠点になっている歩と香車を払いのけ、2七の角が攻防に利いている形なので有力だとは思うのですが・・・。


本局は渡辺竜王の作戦勝ち(新手と時間攻撃)でしょうかね。

持ち時間4時間の比較的短いタイトル戦では、応手に困る局面でかなり(勝敗に)影響があるのかもしれません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/230-dde580d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック