情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第37期女流名人位戦 里見女流名人初防衛
昨日行われました第37期女流名人位戦五番勝負の第3局は、先手の里見香奈女流名人が挑戦者の清水市代女流六段を負かし、3-0のストレートで女流名人位を(初)防衛致しました。

形勢は清水さんの方が良かったと思われましたが、最終盤に(出雲の)イナヅマが炸裂し、あっという間の大逆転で里見女流名人が勝利をもぎ取りました。

いやー、それにしても凄すぎますね。里見さんの強さははかりしれません。少々悪いくらいの形勢ならそれをひっくり返すだけの力が有り余っている感じです。
本局も逆転される終盤まで清水さんの方が指せていたと思いましたが・・・。

下図は話題に上っていた97手目の▲5九桂と受けた局面です。

女流名人位戦第3局97手目

普通ならこの局面で桂馬は考えられないはずですが、里見さんは強気でした。
本譜はここから清水さんが△2七香成▲同玉△5八龍▲同金△3九馬と寄せにいきましたが、直後に▲4四馬からの見事な返し技を食らって目の前の勝利が消えてしまいました。

「何という強さだろう」とつくづく思わされる手の流れでした。

上図では先に△5八龍(詰めろ)と切って、▲同金に△4五桂(変化図)と打っていたら後手の方が勝っていたかもしれません。

女流名人位戦第3局変化図


終盤は一分将棋の厳しい中での状況でしたから、清水さんに焦りが出ていたのかもしれませんね。

女流棋戦とはいえ、こういう将棋を見せられると男性プロ棋士もビビるでしょうね。里見さんは奨励会三段並の力がありそうです。他の女流棋士と比べて数段上を行っている感じですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/228-6016cabd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック