情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第23期竜王戦七番勝負 渡辺竜王連勝
第23期竜王戦七番勝負の第2局が昨日指し終わり、後手番の渡辺明竜王が相矢倉の熱戦を制し、1局目に続いて連勝となりました。

全体的に非常に熱戦だったと思います。
先手の羽生善治名人も新手や思わぬ手を繰り出して相手玉に迫りましたが、渡辺竜王のその場での対応力が落ち着いていて、勝負所での力強さを感じました。

見所は沢山あったと思いますが、私は終盤のポイントとして下記の局面を取り上げました。

下図は先手の羽生名人が111手目に▲1三金と王手し、後手の渡辺竜王が△3一玉と逃げた局面です。

竜王戦第2局112手目

本譜はこのあと羽生名人がタイミング良く▲7五角と繰り出しましたが、次の渡辺竜王が指した△8四桂が読みの入った手で、▲6四角の王手飛車以降の攻めをかわして勝利しました。

もし、上図で▲7五角に代えて▲2三香成と指していたらどうだったでしょうか?
以下参考手順ですが、△8六歩(この手は△8七歩成~△8九飛成~△8七飛成以下の詰めろ)▲3二成香△同玉▲8六歩△6五桂▲2四角(▲3三歩成以下の詰めろ)△4三玉▲3三歩成△5三玉に▲7四銀(参考図)と挟撃態勢に持って行ければ先手もまだやれたのではないかと勝手に推測します。

竜王戦第2局参考図


本局は、ギリギリの所での勝負強さを発揮した渡辺竜王の上手さを感じさせる一局だったと思えます。本当の強さとはこういう勝負を言うものなのでしょうか?
それにしても竜王戦に強い渡辺竜王。もしかしたらこのシリーズストレート勝ちがあるのでは、と何となく予感さえします。

一将棋ファンとしては、次局以降の羽生名人の巻き返しを期待したいところです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/218-d71afb67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック