情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第23期竜王戦 七番勝負第1局
いよいよ竜王戦の番勝負も幕が開きました。

今期(第23期)の挑戦者は一昨年挑戦した羽生善治名人です。迎え撃つ渡辺明竜王との一騎打ちにまたまた全将棋界が注目となりそうです。

そして第1局目。

戦型は横歩取りでしたが、序盤から渡辺竜王の▲5八玉に羽生名人が△5二玉とやや珍しい形に進みました。

 (面白くなりそうだ)

38手目の羽生名人が指した△4五角。相手を誘ったいい感じの手だと思いましたが・・・。

渡辺竜王が先に攻めて、それに対応する羽生名人の指し手に驚く局面が幾つかありました。

さて私が気になった点ですが、55手目に渡辺竜王が▲5三香成と成り込み、△2三金の受けに▲1四香(下図)と突っ走った局面です。

竜王戦第1局57手目

二つの香が走った先手の挟撃態勢に後手の羽生名人がどう迎え撃つのかと思っていたのですが、実戦は△1一歩でした。この手は私にはちょっと弱気に見えました。

上図からはコメントにもありましたが、△7六歩が本筋のような気がします。以下▲6五桂に△7七歩成とし、▲同金なら△4四角、▲1三香成の詰めろには△同金▲4三成香△同玉▲2二馬△7八と▲同銀に△6五飛(参考1図)で対抗できるでしょう。

竜王戦第1局参考1図

また、△7六歩にすぐに▲1三香成は△同金▲4三成香△同玉▲2二馬△7七歩成▲3二銀に△4二玉(参考2図)とかわして大丈夫だと思います。

竜王戦第1局参考2図


羽生名人が最後失速してしまったのには驚きました。一体どこに誤算があったのでしょうか?
△4五角の効果が問われそうです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/217-4c11f68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック