情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第51期王位戦第5局 千日手指し直しにて広瀬六段勝利
先日のべ三日間に跨って行われた第51期王位戦七番勝負の第5局、その熱戦を制したのは挑戦者の広瀬章人六段でした。

2勝2敗のタイで向かえた第5局目、果たしてどちらが先にタイトルに王手をかけるのか注目でしたが、なんと最終盤にかかったところで千日手となりました。その手数149手、残り時間も数分でした。
ここまできて千日手になるとは思いも寄りませんでした。

展開は後手の深浦康市王位が早めに攻勢に出て穴熊に囲った先手玉に迫っていきましたが、形勢的には先手の方がいいのかなと感じていました。
広瀬六段の受けも粘りがあって、どこかで反撃に繋がれば攻め合いで先手有利だろうと見ておりましたが・・・。
その後も執拗な深浦王位の攻めが続き、とうとう千日手になってしまいました。


先後入れ替えての指し直し局、後手となった広瀬六段は四間飛車に振ってから美濃に構え、9筋から早めに攻撃していきました。
このパターンは個人的にも好きな形なので、相手の深浦王位がどう対処するのか興味がありましたが、結果は攻めの手が繋がった広瀬六段の勝ちになりました。

下図は指し直し局の最終盤あたり、すでに後手がリードしている局面ですが・・・。

王位戦第5局108手目

ここで、本譜は先手が仕方なく▲9八歩と受けましたが、△7九銀から後手の寄せが繋がり勝敗が決しました。

上図で▲9八歩と受ける前に、ここでは先に▲5一銀と打って反撃してみてはどうだったでしょうか?
▲5一銀に△同玉は▲3三角ですので△6三玉とかわしますが、そこで▲4一角と打ち込み、△5四玉に▲4六金(変化図)と持ち駒を活用していれば、まだ先手も粘れていたと思います。

王位戦第5局変化図

変化図から△9五飛(この手は詰めろ)とかわしましたら、一度▲5五歩と玉頭を叩き、△4三玉にそこで▲9八歩と受けてもいいでしょう。


本局の結果によって、先に挑戦者の広瀬六段がタイトルに王手をかけ、いよいよこのシリーズもクライマックスになってきました。

次局(第6局)で決まってしまうのか、それとも最終決戦まで縺れるのか、二人の今後の戦いに大注目です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/213-6d58d641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック