情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第81期棋聖戦 羽生棋聖 3連勝、3連覇
第81期棋聖戦五番勝負は羽生善治棋聖の3連勝で棋聖位防衛を果たし、これで3連覇となりました。

戦型は後手深浦康市王位からの一手損角換わりとなり、流れの中で四間飛車を指しました。
一方、先手の羽生棋聖は銀冠に組み相手の攻撃を受ける展開に。

52手目深浦王位の打った△3九銀に羽生棋聖が▲2六飛とかわした場面では後手が損した感じを受けました。(深浦王位は▲2六飛を読んでいたんだろうか?)
△3九銀ではまだしも△2二玉と入城した方が良かったかもしれません。それが後で響いてきます。

局面進んで67手目の▲2三歩(下図)。良くある手ですが、後手にとっては嫌な歩ですね。

棋聖戦第3局67手目

△同金ですと▲4三銀と打たれ、後手がしんどい展開になりそうです。
本譜は△8二飛と8筋に飛車を移動させましたが、▲8四歩△6二飛▲8三角成と先手に先に馬を作られてしまいました。

上図から△8二飛に代えて△5五金と思い切っていく手はどうだったでしょうか?
以下▲同歩△同角▲8七玉△3七角成▲1六飛△6二飛▲8三角成(変化図)と進めて、後手からの有効な攻めが続くでしょうか?

棋聖戦第3局変化図

模様は後手が良さそうですが、決め手に欠ける展開にもなりかねませんね。また、変化図の局面では後手の馬より先手の馬の方が攻防に利きそうで、働き度合いに差があるようです。▲2三歩の効果も大きいですね。


このシリーズ、終わってみれば今一歩迫力に欠けた感じがします。
(なぜかな・・・?)
やはり、第2局での勝敗の流れ方で、このように一方的になったのかもしれません。

それにしても、羽生さんは一日制のタイトル戦は強いですね。その日にかける集中力が違うのでしょうか? あるいは頭の回転の仕組みが他の人と違うんでしょうかね?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/208-473ebed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック