情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第51期王位戦 挑戦者決定リーグ最終局
昨日一斉に行われた第51期王位戦挑戦者決定リーグ最終局の結果は、紅組が只一人4勝1敗で広瀬章人五段が優勝し、白組はこのところ好調の羽生善治名人と戸辺誠六段がそれぞれ4勝1敗の成績を残しプレーオフ対戦となりました。

紅組で佐藤康光九段が敗れたのは意外でしたし、同組の渡辺明竜王も若手の広瀬五段に屈したのは驚きでした。

その中から渡辺竜王自身のブログに載せられていた対局を取り上げてみました。
57手目に指された先手広瀬五段の▲4六歩が「なかなかの手」という竜王自身の感想がありましたが、これに対し素人なら馬を消す目的で△8八角(変化1図)と打ちたくなりますがどうでしょう?

王位戦リーグ最終局変化1図

上図から▲4五歩なら△6六角成▲同歩に△5六角(変化2図)と打ちます。

王位戦リーグ最終局変化2図

変化2図から▲4八飛とかわしたら△3二銀、▲4四歩と突いてきたら△3八角成▲同金にやはり△3二銀と変化してどうなんでしょう?
まあ、別の展開になりますが先手を持つか後手を持つかは人それぞれですかね。


これで、紅組優勝の広瀬五段は白組プレーオフ勝者と挑戦者決定を争うことになりますが、果たして挑戦者は誰に決まるのでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/202-ebf288a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック