情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第68期名人戦七番勝負 羽生名人、2連勝
第68期将棋名人戦七番勝負の第2局は前局同様横歩取り8五飛車戦法で始まり、結果は93手にて先手番の羽生善治名人が勝利し、開幕2連勝となりました。

横歩取りは挑戦者の三浦弘行八段にとっても得意としている戦法の筈ですが、ここでの連敗はこの先の戦いに響いてきそうですね。

私自身もこの戦型についてはあまりよく分かりません。
二日目の封じ手(▲5三桂成)以降、(後手が勝つ為の)決め手となるような手を見つけ出せませんでした。

「どこが問題だったのだろうか?」

遡って、序盤戦までの辺りで後手の陣形に疑問を抱いていました。
そもそも、39手目の▲2三歩(下図の局面)に△同金、さらに▲2四歩△同角の形が何とも表現しがたく、「これで後手が勝てるのかな?」という印象を持っておりました。

名人戦第2局39手目

上図の▲2三歩の局面ですが、ここで△3一銀と引く手は考えられないのでしょうか?
以下▲8二飛(あるいは▲8三飛)に△2九飛とお互い飛車を打ち下ろし、▲8一飛成△1九飛成(変化図)なら後手が幾分良いように思えます。

名人戦第2局変化図

変化図からは後手の持ち駒に香車があるので3筋からの攻めが利きそうです。
△3一銀なら後手に何か嫌な変化があるのでしょうか?


いつものことながら、(私が言うのも可笑しいですが)終盤に差し掛かって勝負を決める場面で魅せる羽生名人の読みの凄さには脱帽です。
相手を惑わせるような手を指し(61手目▲5三歩など)、勝利の方程式を解くように導く手順は絶妙ですね。

このままではすんなりストレートで羽生名人が防衛しそうです。
シリーズを盛り上げる為にも、3局目以降の三浦八段の巻き返しを期待したいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
3一銀は▲6五桂とはね、角成りが受けにくく先手優勢でしょう。
2010/04/24(土) 08:36:40 | URL | nativedancer #-[ 編集]
▲6五桂ですか
nativedancersさん、コメント有り難う御座います。

△3一銀には軽く▲6五桂と跳ねるんですか。角筋を通すわけですね。
これに対して△3三歩と受けると▲3四歩なんですかね?
しかし、その後△4八角成と切られ、▲同玉には△2八飛、▲同金には△2九飛でどうでしょう?
2010/04/24(土) 09:31:34 | URL | infosensor #-[ 編集]
お二人をミックスして
こんばんは。

△3一銀▲6五桂△3三歩を利かせてから、飛車を打ち合うのはどうでしょうか?

変化図に▲6五桂と△3三歩の2手が加わっていると、ずいぶん違うと思います。
2010/06/06(日) 18:47:51 | URL | 英 #n4htYWhw[ 編集]
面白い見解ですが・・・
英さん、面白い見解ですね。

ですが、桂馬を跳ねているので先手が不利かもしれません。
△3一銀▲6五桂△3三歩▲8二飛△2九飛▲8一飛成に後手は△2五飛成とし、次に6五の桂馬を取れるのとその後5五に桂馬を打つ手があるので、というのが理由です。
2010/06/07(月) 11:39:35 | URL | infosensor #-[ 編集]
たびたび、もうしわけありません
 たびたび、申し訳ありません。

 私には、▲6五桂は「桂を活用しつつ、角道を通す」味の良い手に感じます。
 それに対し、△3一銀と△3三歩は「自玉を狭くした」損な手に見えます。

 しかし、6五の桂が取られる危険性もあるので、そう簡単ではないようです。
 でも、『「先手の味の良い手」と「後手の損な手」の出入りで先手が勝つべきはず』と考えています。
 と言うわけで、ここは、しつこく食い下がります(ごめんなさい。嫌がらせをしているわけではありません)

>△3一銀▲6五桂△3三歩▲8二飛△2九飛▲8一飛成に後手は△2五飛成

 なるほど、▲6五桂をマイナスの手にするのですね。
 ええと……これには、先手玉をにらんでいる1五の角の態度を聞く▲1六歩が良いのではないでしょうか。
 △4八角成と切られる手は怖いのですが、後手の飛車が5段目にいるので無理気味でしょう。
 △2四角と引いてくれれば、後手玉の狭さをとがめる▲8四桂が有効だと思います。
 角が1五にいないので、△6五龍と桂を取られても、先手玉への脅威は少ないです。
 あと▲1六歩に△2六角ですが、これには▲9一龍(次に▲2九香)△6五龍▲2九香△3五角▲3六歩△4四角▲同角△同歩▲2二歩成△同銀▲同香成△同金▲4三角でどうでしょうか?
2010/06/07(月) 17:06:19 | URL | 英 #n4htYWhw[ 編集]
構いませんよ
英さん、構いませんよ。将棋は元々奥の深いゲームですから、そんなに簡単に答えは見つからないと思います。形勢判断も人によってまちまちです。(プロでもそうですよね)

えーと、▲1六歩ですか。軽いタッチですね。
これにはもう△4八角成と切るしかないですね。これがそもそも本来の狙いですから。
▲同金なら△2九龍、▲同玉なら△2八龍と潜って、あとはジリジリ攻めるしかないですよ。

2010/06/08(火) 09:51:11 | URL | infosensor #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/196-f9bf4f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック