情報の友
気になる情報を発信するブログです。
甲斐女流、3連勝で初タイトル獲得
昨日行われましたマイナビ女子オープン五番勝負の第3局は、ここまで2連勝だった挑戦者の甲斐智美女流二段が181手で接戦を制し、3-0のストレートで自身初となるタイトルを獲得しました。

振り飛車党の甲斐女流二段が先手で飛車をどこに振るのか注目していましたが、3手目に早くも▲7八飛とし、三間飛車になりました。二人の対戦では初めてとのこと。
私はこの▲7八飛の手に後手の矢内理絵子女王が意表を突かれたのではと思いました。おそらく中飛車を中心に読んでいただろうと・・・。

中盤の駒の捌き合いは面白かったですね。どちらも大駒(飛車・角)の進出を阻止するような一手一手の読みはそれなりに深みがありました。

さて、盤面が進んで最終盤、勝負の分かれ目とも言える局面を取り上げてみました。

マイナビ女子オープン第3局161手目

上図は、先手の甲斐女流二段が159手目に▲8一角成とし(△同飛なら▲3五桂)、これに対し後手の矢内女王が△3五歩と金頭を叩いた後、先手が▲3五同金と応じた局面です。
本譜は図から次の一手が△4六飛でしたが、▲5七角と切り返され、たちまち先手勝勢となりました。

では、上図で△4六飛に代えて△8一飛と馬を捕っていたらどうだったでしょうか?

これには▲3三歩成と捨てて△同玉に▲3四銀(変化1図)で難しそうですね。

マイナビ女子オープン第3局変化1図

変化1図から△同銀なら▲同金△2二玉▲2三銀△3一玉に▲3三金の詰めろで先手勝勢となります。途中▲同金に△4二玉は▲3三銀以下追い詰められてやはり先手が勝ちそうです(▲7三歩成がある)。また△3二玉には▲3三歩が利きます。

変化1図から△2二玉と逃げるのは▲4三銀成△3六桂▲1八玉で後手の手が途絶えそうです。
ならば△4二玉では・・・、以下▲4三銀成△同玉▲3四金△5三玉▲5四歩△6三玉(変化2図)となって、先手に有効な攻めがあるでしょうか?

マイナビ女子オープン第3局変化2図

変化2図から▲8二歩と飛車先を叩いて△同飛なら▲7三銀が詰めろで先手良さそうですが、▲8二歩の瞬間が甘く後手からの反撃に遭いそうです(△5九角とか)。

その他にも変化がいろいろとありそうですが、△8一飛なら以上のようにまだまだ大変だったでしょうし、勝敗の行方がどちらに転んでいたか分かりません。


うーん、それにしても矢内さんの調子がいまひとつこのシリーズでも出なかったのが気になりますね。

危ない橋を渡りながらも、果敢に指し回した甲斐さんの将棋は見事だったと思います。
これからの活躍にも期待が持てそうです。


女流棋界は若年の活躍も話題に上っていて、この先益々面白くなりそうですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/195-3f2434f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック