情報の友
気になる情報を発信するブログです。
久保棋王、最終局を制し二冠を堅持
第35期棋王戦五番勝負の最終決着局が昨日行われました。
終わってみれば総手数190手という大熱戦で、将棋ファンはさぞかしその戦いに魅了されたことでしょう。

改めて振り直された結果、挑戦者佐藤康光九段の先手で始まり、後手の久保利明棋王が得意のゴキゲン中飛車に構えて盤面が展開されていきました。

34手目に後手の久保棋王が△9二香と上がり穴熊の構えに持っていきました。絶対に負けられないという久保棋王の強い意志が感じられましたね。

中盤の67手目に指された佐藤九段の▲5五歩は意外で(その前の△3六歩に対して)、おそらく久保棋王も意表を突かれたのでは・・・。この辺りでは先手が良さそうに感じておりました。

そして局面はどんどん進み、勝負の分かれ目となったのが感想戦にも出ていた下図に示す166手目の局面です。

棋王戦第5局166手目

本譜は図から▲5四銀でしたが、これが何とも言えない力の抜けた手で敗着手となってしまいました。その後はここで取られなかった6九のとが最終的に勝負を決する駒となり、佐藤九段が悔やむ結果となりました。

それでは、△6九とを▲同玉と取っていればどうなっていたでしょうか?

▲6九同玉に対して△4六馬の詰めろには▲5七銀打とし、△4七馬に▲5八歩(変化1図)で受かっているようです。

棋王戦第5局変化1図

上図から後手は△8八金と挟撃態勢にきますが、▲8三桂成(あるいは▲8三香成)が詰めろで、以下△同金▲同香成(詰めろ)△7八金打▲5九玉の後△8三馬と成香を取られても、▲7五桂(変化2図)がまたまた詰めろの手となって先手有利の局面が続きます。

棋王戦第5局変化2図

他にも変化の手順があるかもしれませんが、いずれにしても後手が足りなかったと思います。

際どい局面が他にもあったかもしれませんが、終盤の1分将棋で正確な読みを続けるのは難しいですよね。
(久保棋王も最後の最後まで分からなかったと言っていたようです)

久保棋王はこの対局に勝って二冠を維持し、段位も九段に昇段して、これからも益々磨きの掛かった将棋を見せてくれることでしょう。

改めて、振り飛車党の強いタイトル棋士が現れたことを歓迎したいです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/192-27086e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック