情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第80期棋聖戦五番勝負 第3局
27日に行われた第80期棋聖戦五番勝負の第3局は、挑戦者の木村一基八段が徹底的に受けきって勝利し、タイトル獲得に王手を掛けました。

それにしても、こういう将棋があるものなのかなと感心させられた一番でした。

後手の羽生善治棋聖が途中から猛攻を掛けましたが、先手の木村八段がそれを次々と凌いでいき、最後は後手玉を討ち取りました。
羽生棋聖も大差になった将棋を最後は一手違いにまで持っていったのは驚きでしたが、木村八段の彼らしい粘りの将棋にも感心させられました。

私なりに途中気になった局面を取り上げてみました。
下図は、84手目に後手が△6八角成と角交換して、先手が▲同金とした局面です。

棋聖戦第3局85手目

本譜はここで一旦△8一飛と待避したのですが、ここで強く△8六歩と打つ手はなかったでしょうか?
以下▲8三銀成△8七歩成▲同玉に△6五角(変化図)という順です。

棋聖戦第3局変化図

飛車を渡すのは怖いですが、先手玉も守りが薄くなりますからどうでしょうか?
変化図から▲8六玉なら△4七角成も視野に入れて△8三角とします。もし、▲7六角と当てられたら△同角と交換するのは嫌ですから、△8六歩~△8五歩と継ぎ歩して△8三角と成銀を取ってどうか?
どちらの変化にも先手から▲1四桂打があるので何とも言えないのですが、本譜のように手数の長い将棋にはならなかったかもしれません。
(これでもやや先手がいいのかもしれませんが・・・)


この対局に勝った木村八段が有利になりましたが、さて次の対局で念願のタイトル獲得が出来るかどうかが見物です。
戦型にも注目ですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/168-46bc295c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック