情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第59回NHK杯将棋トーナメント(▲増田五段-△広瀬五段)
昨日放送された第59回NHK杯将棋トーナメント1回戦、▲増田五段-△広瀬五段の対局は終盤非常に面白くなって画面に釘付けになりました。

広瀬章人五段は振り飛車穴熊使いの若手棋士として知られていますが、この対局では先手の増田裕司五段が序盤3手目に早くも角交換を決行したため予想と違った展開になりました。
広瀬五段も堂々と角換わりを受けて迎え撃ち、終盤戦は面白い戦いに・・・。

その終盤戦ですが、下図は121手目▲7七同玉の局面。

NHK杯(増田五段-広瀬五段)121手目

ここで解説の浦野七段は△8五桂を指摘していました。私も同じ意見でしたが、よくよく調べてみると後手が危ない展開になったかもしれません。
図から△8五桂▲8八玉△5七飛成(詰めろ)▲同銀△7七金▲7九玉△6七金(変化図)の詰めろには、

NHK杯(増田五段-広瀬五段)変化図

▲2四香△1二玉▲2三銀△同金▲同香成△同玉▲2四金△同銀▲同歩△同玉▲3四金△2五玉▲2四飛△3六玉▲2七銀以下詰んでしまいます。
まあ、この手順が実戦で現れていたかどうか分かりませんが、本譜の△7五桂よりは面白い展開になっていたでしょうね。

それにしても、短時間の勝負で緊迫感を味わえることができた一局だったと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/162-99b58318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック