情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第35期女流名人位戦はプレーオフに
昨日一斉に行われました第35期女流名人位戦の最終局、結果は清水市代女流王将、里見香奈倉敷藤花、千葉涼子女流三段がともに7勝2敗で並び、この三人によるプレーオフに持ち越されることになりました。

清水-里見戦は、先手里見倉敷藤花の中飛車に対し、後手清水女流王将が舟囲いの構えから上手く自分の戦いに導いて、最後は清水女流王将の圧勝となりました。
かなり研究された戦いだったように思われると同時に、二人の経験の差がでたように感じます。

もう一つの千葉-上田戦は、千日手後の指し直し局で千葉女流三段が際どい戦いながらも上田初美女流二段を下し、プレーオフに持ち込みました。
千葉女流三段も粘りのある将棋を指すことが持ち味ですが、この日の対局のように玉が裸になっても辛うじて勝ちきるところに強さの秘訣があるように思います。千日手のあと最後まで諦めなかった姿勢は見事です。

ということで、この三人によるプレーオフが楽しみになりました。
三人の内、里見倉敷藤花は本戦で二人に負けているので、プレーオフではその雪辱に燃えることでしょう。
久々に千葉女流三段の活躍にも期待が持てますね。


昨日の対局結果から、
A級リーグからの降級者は石橋幸緒女流王位、中倉宏美女流初段、上田女流二段に決定しました。
また、B級リーグからA級に昇級したのは中井広恵女流六段、早水千紗女流二段、井道千尋女流1級ということになりました。

石橋女流王位の今期不調と、井道女流1級の活躍が対照的でしたね。
石橋女流王位は前半で星を潰したのが痛く、井道女流1級は中井女流六段に勝ったのがなにより大きかったと思います。
タイトル保持者として降級した石橋女流王位の屈辱は本人が一番感じていることで、来期の復帰に向けて気持ちを入れ替えて欲しいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/153-3d3eefed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック