情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第21期竜王戦第4局 渡辺竜王土壇場で逆転
第21期竜王戦七番勝負の第4局が26日・27日行われましたが、この対局を御覧になっていた方は誰もが驚いたことでしょう。

「いや、いや、将棋は最後まで分からないものです」
この言葉、これまで何回使ってきたことでしょう。

第一日目の序盤戦は相掛かりからの出だしとなって、封じ手前では早くも後手番の渡辺明竜王が攻めの姿勢を築いていました。

二日目からの見所として、先手の羽生善治名人が後手の攻めをどういなして反撃に出るのか注目していました。
中盤の両者の攻防戦、私の予想は外れっぱなしでした。特に53手目からの▲7四角△8八歩には思わず「へぇー」と洩らしていました。

俄然面白くなったのはやはり終盤戦でしょう。

下図は103手目に羽生名人が▲5二銀と打ち込んだところです。

竜王戦第4局103手目

ここで本譜は渡辺竜王が△5四玉と5筋に逃げました。この時、いつでも▲6五金があるので、もう後手は駄目かなと諦めていましたが・・・。

結果は、なんとなんと最終盤後手の渡辺竜王が土壇場で逆転勝利をものにしました。
この結果にも驚きですが、羽生名人が優勢あるいは勝勢の場面からよもや逆転されるとはもう信じられませんでした。
一瞬何が起こったんだろうというのが、この対局の第一印象です。

話を戻して、上図の局面から△3三玉と逃げた方が良かったように思いますが如何でしょうか?
△3三玉には▲4四桂が詰めろ逃れの詰めろですが、以下△9五香▲8六玉△7七龍▲9五玉(▲同玉は△6八角以下の詰み)に△4四玉と桂馬を取っ払って、▲4六銀の詰めろには△3三玉(参考図)と引いて後手がやや有利じゃないかと思いました。(少なくとも本譜よりは安全かと)

竜王戦第4局参考図


渡辺竜王が最後まで諦めずに何とか勝利を掴んだのは流石だと感じました。
勝利を諦めない姿に、第19期竜王戦の対佐藤康光戦での番勝負で魅せた、窮地に追い込まれてからの逆転劇が思い起こされます。

さて、次の対局では渡辺竜王が先手番となりますから、ここで腰を据えてじっくり指せれば(連勝の)期待が持てそうな気がします。

さらなる両者の激闘を待ち望みましょう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/152-b85f2308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック