情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第16期倉敷藤花戦 里見女流が念願の初タイトル獲得
第16期大山名人杯倉敷藤花戦の第2局が昨日倉敷市にて行われ、先手番の里見香奈女流二段が133手で清水市代倉敷藤花に勝ち 、2連勝で念願の初タイトルを獲得しました。

戦型は先手の里見女流二段が得意の中飛車に振り、お互い角筋が通ると先手から角交換して▲6六銀と繰り出しました。
後手清水倉敷藤花はその▲6六銀をみて直ぐに8筋の歩を切り、先に8九に角を打って攻めに出ました。
このあたりからどう駒を捌いていくのか注目でしたが、里見女流二段が左辺の桂馬を上手く使い、大駒の活用を図って後手陣に攻め入っていきました。

中盤辺りからはもう里見女流二段が優位に立ち、後手の清水倉敷藤花は防戦の一方粘りながらの将棋を目指しましたが、形勢逆転とはならず、里見女流二段が押し切りました。

終わってみれば、第1局、第2局とも里見女流二段の圧勝だったように思います。
戦前はもう少し縺れるのかなと予想していましたが、意外に清水さんの指し手に力強さが感じられなく、若い里見女流にタイトルを明け渡すことになりました。

里見さんは現在島根県出雲市に住む高校2年生で、まだ16歳。これから益々期待の掛かる女流棋士の一人です。
性格的に負けず嫌いで努力家ですから、これから先も楽しみな女流棋士になるでしょう。

なお、女流棋士の初タイトル獲得として、里見さんは歴代3位の若さです。
因みに1位は元女流棋士の林葉直子さんで14歳3ヶ月(女流王将)、2位は中井広恵女流六段の16歳6ヶ月(女流名人)で、里見さんは16歳8ヶ月での獲得でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/151-b5ceb45d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック