情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第21期竜王戦 羽生名人が永世竜王に王手
第21期竜王戦七番勝負の第3局が13日・14日に行われました。

ここまで2連勝と幸先良いスタートを切った羽生善治名人が勝てば永世竜王に王手をかけることになり、対して2連敗と出だしつまずいた渡辺明竜王が勝利すればここからの巻き返しに期待の掛かる一番でした。

戦型は後手(羽生名人)の一手損角換わりとなり、先手の渡辺竜王が早繰り銀から仕掛けていくことになりました。
一日目から激しい戦いが繰り広げられ、封じ手の局面ではもう終盤戦かと思えるような雰囲気でした。

下図は、封じ手の局面から△2九飛成▲3九歩に△5四歩と先手の嫌な歩を払ったところです。

竜王戦第3局48手目

本譜はここから▲5三角と打ち込んで攻め合いを目指しましたが、後手玉を詰ますまでには至らず、先手側は壁銀の形が響いて逆に詰まされてしまいました。
渡辺竜王のコメントにもあるように先手側が苦しい状況だったようです。

上図で▲5三角の代わりに▲5三歩と指していたらどうだったでしょう?

まず△5六桂と王手するのは、▲7七玉とかわされ△1九龍に▲5二銀△同金▲7一角があります。
従って、△6二銀(△4二銀なら▲5二銀~▲7一銀)と守ります。
以下手順を進めていきますと、▲2一銀△4二金(△3一金▲3二銀打もある)▲3一銀(詰めろ)△5三銀▲4二銀成△同銀▲3二銀成△4一銀▲同成銀△同玉▲6三角△5二銀▲5四角成(参考図)となります。

竜王戦第3局参考図

参考図から△3七歩には▲同金△3九龍に▲2一銀と打っていってどうでしょう?
形勢はまだ後手が有利かもしれませんが、本譜よりは先手も希望が持てる戦いが出来るように思います。

何と言っても先手は8八の壁銀が痛かったと思います。どこかで解消できていれば救われていたかもしれません。


この対局結果、羽生名人が早くも永世竜王に王手をかけることになりました。
シリーズが始まって、ここまでの対戦成績を予想された方はいるのでしょうか?

崖っぷちに立たされた渡辺竜王が次の対局でどんな将棋を指すのか、私なりに興味はあります。
将棋の内容が良くない渡辺竜王ですが、このままストレートで終わって欲しくはないなと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/150-04332a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック