情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第19期女流王位戦五番勝負 第4局
第19期女流王位戦五番勝負第4局が昨日行われました。

ここまで2勝1敗の石橋幸緒女流王位が初防衛するのか、あるいは挑戦者の清水市代女流二冠が待ったを掛けるのか、注目の対局でした。

後手番の石橋女流王位が序盤に角交換してから飛車を振って早速と穴熊に囲ったのに対し、先手の清水女流二冠は銀冠に構えて相手の出方を窺いました。

50手過ぎたあたりから先手の清水女流二冠が優勢に駒を進めて一時勝勢ムードでしたが・・・。
形勢不利な石橋女流王位が果敢に攻め繋いでいき、終盤は逆転の場面もあったようです。

下図は最終盤、後手が△5七香成と玉頭に攻め出て、▲同銀に△5六歩と打った局面です。

女流王位戦第4局144手目

本譜は、ここから▲8一金△同金▲同龍△同玉▲7三桂△同金▲7一金!△同玉▲5一飛までの鮮やかな即詰みが決まって、清水女流二冠が勝利しました。
上図の局面に至るまでは形勢が五分五分くらいになっていたところ、突然の終局となったのです。
終盤時間に追われながらの最後の詰みは見事だと思います。

図では△5六歩の代わり△7五角と打っていたら、まだ紛れていたかもしれません。


全体としては少々決め手に欠けた将棋内容だったと思われますが、見ている方としては最後まで勝敗が分からない面白い対局だったと感じました。

これでタイトルの行方が分からなくなりました。
2連勝で幸先良いスタートを切った石橋女流王位が有利と見ていましたが、清水女流二冠がその後の対局を連勝して巻き返したことにより、(気持ち的には)勢いも逆転した感じがします。
石橋さんの気持ちの切替が大事でしょうね。

最終局どうなるのか、今から待ち遠しいです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/146-8a874381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック