情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第19期女流王位戦五番勝負 第1局
いよいよ女流のタイトル戦も始まりました。
昨日行われたのは第19期女流王位戦の五番勝負第1局目です。

先手番になった石橋幸緒女流王位の戦法に興味があったのですが、本局は居飛車での戦いを選びました。
対して後手番の清水市代女流二冠は序盤から飛車を6筋に振って積極的な攻めを見せましたが、石橋女流王位の力強い受けに攻めが続かなくなり、逆に反撃を食らってしまいました。

下図は43手目に先手が▲2四銀と打ってきたところ。

女流王位戦第1局43手目

これに対して後手はどういう受けをするのかと思っていましたら、△3二玉と強気に出ました。
この局面どうだったんでしょうか?

図から△2四同歩と普通に対応していたら・・・?
▲同歩に△1六歩と指します。以下▲2三歩成△1五角▲1六飛として△4一玉(参考図)と寄り、6一の金の働き(守り)に近づけて戦えなかったでしょうか?

女流王位戦第1局参考図

参考図から先手は▲2二歩と打って攻めてくるでしょうが、後手も△6六歩と突いて攻め合います。
これでも後手が良くならないようでしたら、▲2四銀のところですでに形勢が先手に傾いていたと思われます。

中盤あたりで清水女流二冠も粘りましたが、終盤は先手の石橋女流王位の鮮やかな攻めが出て快勝しました。
本局は、清水女流二冠にとってみれば不出来な将棋となったようです。

感想でも清水女流二冠が述べているとおり、34手目の△1五歩が指しすぎだったかもしれません。
代わりに、△5二金上や△5五銀~△5二金上で良かったと思います。

清水さんが大駒を敵陣から自陣へ引き寄せた将棋は、大抵負けになることが多いです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/142-daaf6825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック