情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第56期王座戦五番勝負 第1局
昨日、今期の王座戦五番勝負の第1局目がいよいよ始まりました。

振り駒の結果、先手が羽生善治王座に、後手が木村一基八段となりました。

先手から先に角交換することになりましたが、進んでみれば後手一手損角換わりと同じ形になっていきました。
相腰掛け銀になってから、仕掛けたのは先手の羽生王座でした。
対して、木村八段は手待ち状態ながらも得意の粘り強い受けが持ち味ですから、興味の尽きない展開が繰り広げられるだろうと思っていました。

さて、下図の局面は、先手が▲4五桂と跳ねて仕掛け、2筋の歩の交換後△2三歩▲3四飛△4四歩▲2四歩(▲同飛は△2六角)△4三銀上に▲6一角と打ったところです。

王座戦第1局53手目

このあと後手はどう対応するのかと思っていましたら、なんと△4二玉と強気の態度。
ビックリしましたね。でも、この手はどうだったんでしょうか?

上図から、もし△2二玉と指していたらどういう展開になっていたのか、ちょっと検討して見ました。
先手はやはり▲3二飛成と強攻してきそうです。これに△同飛は▲2三歩成から▲5五銀の筋が見えますので△同銀が普通でしょう。
しかし、これにも▲2三歩成△同銀▲2四歩△3二銀に▲7二金(参考図)と指されて難しそうですね。
参考図からは△2八飛と打って攻め合いになりそうですが、どう転ぶか分かりませんね。

王座戦第1局参考図

このあと面白い展開もありましたが、先手の羽生王座が▲4四角と勝負手を放ち、形勢が一挙に傾いてしまいました。
後手の木村八段も最後は罠に掛けるような形作りを見せましたが、そこは当然読み切っている羽生王座、冷静に指しこなして勝利しました。


うーん、やはりタイトル戦となると羽生さんの強さが随所に見られますね。
私としては、木村八段にこのあとの戦いで上手い策が出てくるのか注目してみたいです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wrq06995.blog98.fc2.com/tb.php/132-f50f9534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック