FC2ブログ
情報の友
気になる情報を発信するブログです。
アルトワークス燃費と交通違反取り締まりにつて
2019年6月のアルトワークス実燃費は過去最高の値となりました。以下に報告します。

○期      間 : 5/29 ~ 6/29
○走 行 距 離 : 2144.5km
○ガソリン消費量 : 80.28L (20L+20L+20L+20.28L)

上記の値から、満タン法での平均燃費は 26.71km/L となりました。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 26.3km/L を表示していました。

昨年の6月も異常な値が出てビックリしていましたが、満タン法での数値はガソリンの注ぎ方に問題があるとしても、メーターの平均燃費が 26km/L 以上も出たことについては本当に驚きです。

今年の6月はいつもより梅雨入りが極端に遅く、また湿気もなくカラッとした日が多かったので、車の走行に好影響が出たのでしょう。


さて話は変わりますが、ついこの間速度違反で捕まってしまいました。いつも通る道路で白バイが時々追跡しているのは知っていましたが、周りに他の車がいなかったのでうっかりして飛ばしてしまいました。

場所は片側2車線で普段の交通量は比較的少なく多少の勾配がある道路で、初めての人ならつい飛ばしてしまうところです。特に交通事故が多いという場所ではありません。

つまり、速度違反取り締まりというのは別に交通事故を予防するためではなく、彼らの功績を挙げるための手段なのです。道路にある速度標識はその為のもので、交通事故抑制にはなっていません。

本当に交通事故を予防したいならば、もっと危険な場所で取り締まるべきですよね。まったく日本の警察のやり方には疑問符がいっぱい付きます。

そもそも速度標識に意味があるのでしょうか? 私は速度標識はなくしても良いと思います。暴走行為をしている車両等は現代の技術で捉えることは出来ると思います。何のための交通違反取り締まりなのか、納得いかない事例がいっぱいあります。

あるときこんな事がありました。別の片側2車線の道路で2台の普通車が猛スピードで走り去った後、その後に続いていた軽自動車を白バイが追跡していったのです。明らかに弱いものいじめですね。そう言えば白バイ等に捕まっている車両は軽乗用車か原付2輪車がとても多いです。本当に暴走している車を捉えているところを見たことがありません。

皆さんは、警察の取り締まりについてどう思われますか?

スポンサーサイト