FC2ブログ
情報の友
気になる情報を発信するブログです。
山県亮太 やはり実力日本一
大阪のヤンマースタジアム長居で23日に行われた陸上の全日本実業団対抗選手権男子100メートル決勝で、山県亮太選手が無風状況の中、10秒01のタイムを出し3連覇を果たしました。尚、桐生祥秀選手は10秒22で2位でした。


やはり、山県亮太選手は強かったですね。アジア大会でも10秒00を出し、このところ好調を維持しています。

このブログでも実力日本一は山県亮太選手であると言ってきました。その通りの結果が今年発揮されているようです。


今回の10秒01のタイムは無風状況の中での記録ですが、これは昨年同じ大会で出したタイム(10秒00:追い風0・2メートル)を無風状況に換算したものと全く同じになります。つまりコンスタントに良いタイムを叩き出していると言えます。

スポンサーサイト