FC2ブログ
情報の友
気になる情報を発信するブログです。
将棋世界10月号より疑問点
将棋世界10月号を買って読んでいましたら、一つ可笑しいことを発見しました。

それは第79期棋聖戦五番勝負第5局の記事で、P138左下に書かれている棋譜の内容のことです。
下図は後手が△7九桂成▲同金に△5七とと寄ったところです。

棋聖戦第5局84手目

記事によりますと、図から▲6四桂からの攻め合いには、
△6七と▲6三歩△7八と▲同玉△8七歩(参考図)▲7七玉△3七飛成▲5七歩△5九角で後手が勝つと書かれています。

棋聖戦第5局参考図

しかし、よく考えてみますと△8七歩の瞬間▲6二歩成からの即詰みがあります。
▲6二歩成以下△同金は▲6三桂△同金▲7二金まで、△同玉は▲7四桂△6三玉▲5二銀△5四玉▲5五金までの比較的簡単な詰み手順です。

何故こんな単純なミスを記述するのかよく分かりません。
将棋世界の記事に書かれている手順がどこか可笑しいのでしょうかね?

スポンサーサイト