情報の友
気になる情報を発信するブログです。
中国選手 次々に記録更新 陸上100m
スペイン・マドリードで22日に行われた陸上の国際大会で、中国の蘇炳添が追い風0・2メートルの条件下で、9秒91をマークして優勝したとのこと。この記録は、ナイジェリア出身のフェミセウン・オグノデ(カタール)の持つアジア記録とタイです。

それにしても凄いですね。連日のように中国勢が記録を更新しています。


早速この記録を例によって無風状況にて換算してみますと、以下のようになります。
(今回は標高によるアドバンテージも考慮しています)

 蘇炳添選手の記録    9秒91 (追い風0・2メートル)
 無風に換算した記録   9秒94

マドリードは標高が高いことによるアドバンテージもありますので記録が出やすいとも言えますが、この度の蘇炳添が東洋人として実質初めて10秒の壁を破った選手として明らかになりました。


なお、無風状況で換算した記録はフェミセウン・オグノデが2016年に出した時の記録換算と同じになります。


日本の選手も9秒94を目指して頑張って貰いたいですね。

スポンサーサイト
中国・謝震業 100m 9秒97
19日にフランスのモントルイユで行われた競技会で、中国の謝震業選手が100メートルを9秒97で制し、中国新記録を樹立したとのこと。この時は追い風0・9メートルの条件下だったようです。


この記録を例によって無風状況にて換算してみますと、以下のようになります。

 謝震業選手の記録    9秒97 (追い風0・9メートル)
 無風に換算した記録  10秒01


参考までに、これまで日本で一番速かった山形選手の場合は

 山形選手の記録     10秒00 (追い風0・2メートル)
 無風に換算した記録  10秒01

ということで、実質的には両者互角の力関係だと言えます。なお、桐生選手の実質的な記録は10秒07ですので問題外です。


まだまだ10秒の壁は遠いようですね。


(上記はいずれもここのサイトを参考にしています)

平昌五輪から、スポーツ競技における格差
平昌五輪から見えてきた課題として、スポーツ競技における格差が表れたことです。

タイムを競うレースは良いとしても、採点競技についてはそれぞれの種目で納得いくものとそうでないものとがあって、観ている方としてはあやふやな感じになりました。

フィギュアスケートのように、最高点を決めずに得点(ポイント)を積み重ねていくやり方は納得できますが、平野歩夢選手が参加していたスノーボード・ハーフパイプなどは100点満点の最高点での得点となっていて、技の難易度がどの程度のものかよく分かりません。いくら良い技を決めても最高点が決まっていてはやりがいもない気がします。

また、観ていて非常に不愉快に感じた競技がアイススケートのショートトラックです。基本的にタイムレースの競技でもあるのですが、最終的にはビデオによる競技判定で決まるレースもあって、観ている方は興醒めです。


翻って、フィギュアスケートは格調が高い競技に思えますが、スノーボード・ハーフパイプなどは遊び感覚の競技でしかないように感じ、それがオリンピックという一大イベントで一緒に行われていることに違和感を覚えます。

2020年に東京で開催される夏季オリンピックについても、同じような格差を感じる競技が色々と行われるでしょうが、観ている方が納得できるような大会になればと願います。


将来的には採点競技などは人間が判断するのではなく、AIを採用した種目に変わっていきそうです。

山県亮太、実質日本一の記録
大阪市のヤンマースタジアム長居で24日に行われた全日本実業団対抗選手権の男子100メートル決勝で、山県亮太選手が追い風0・2メートルの中、日本歴代2位の10秒00をマークして優勝しました。

9日に桐生祥秀選手が9秒98をマークして、この記録が現在日本歴代1位になっていますが、実質的には今回の山形選手の方が上です。

何故かといいますと、追い風の違いがあるからです。例によって二人の記録を無風状況で換算してみますと以下のようになります。

 山形選手の記録     10秒00 (追い風0・2メートル)
 無風に換算した記録   10秒01

 桐生選手の記録      9秒98 (追い風1・8メートル)
 無風に換算した記録   10秒07


いずれにしても、追い風によるアドバンテージは大きく影響しますので、記録だけで単純比較は出来ません。同一条件という状況下でないと真の強さは示されないでしょう。

決して喜べない桐生選手の記録
『陸上の日本学生対校選手権が9日、福井市の福井運動公園陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝で桐生祥秀選手(21=東洋大4年)が日本人で初めて10秒の壁を破る9秒98の日本新記録を樹立して優勝しました』、というニュースが日本中を駆け巡りましたが、私的には満足に喜べませんでした。

何故か? 
状況等を調べてみますと追い風1・8メートルでの記録ということで、この記録を無風に換算すると10秒07になり、決して実質的に100メートル10秒の壁は破られていないからです。
1・8メートルの追い風は0.09秒のアドバンテージを与えてしまいます。今回追い風だったために、後半のスピードも維持できたということですかね。

これまでで桐生選手が最も速い記録を出したのはいつだったかというと、今年4月の織田記念陸上での10秒04(向かい風0・3メートル)です。これを無風状況に換算しますと10秒02になります。

参考) 桐生選手のかつての最高タイム10秒01(追い風0・9メートル)を無風状況に換算しますと10秒05になります。


では、日本選手で一番早かったのは誰かというと、今年ロンドンで行われた世界選手権の予選でマークしたサニブラウン・アブデル・ハキーム選手の10秒05(向かい風0・6メートル)でしょう。この記録は無風状況に換算しますと10秒01になります。


現在2・0メートル以下で公認とされていますが、風による影響はかなり大きく、100分の1秒までを記録する電気計時とこの風による影響を考慮すると、公認記録としての釣り合いが取れていないと思います。


以上、残念ながら日本選手で実質100メートル10秒の壁を突破した選手は誰もいません。

ケンブリッジ飛鳥、この記録は凄い!
世界選手権代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権、その男子100メートル予選でマークしたケンブリッジ飛鳥選手の記録にハッとさせられました。向かい風0・9メートルの状況で10秒08でした。

上記の記録を無風状況で換算してみますと、

 無風に換算した記録 → 10秒02

となります。

今までの日本人が記録した100メートルのタイムで、実質この記録がナンバーワンでしょう。

念願の9秒台突入が間近に見えてきた感じがします。本日の決勝が楽しみですね。

陸上界に、ニューヒーロー登場か!?
10日に行われた陸上の日本学生個人選手権で、男子100メートル準決勝に望んだ多田修平(関学大)選手が、追い風4・5メートルの参考記録ながら9秒94をマークして注目を集めました。

追い風2・0メートルを超える参考記録とはいえ、100分の1秒までを表示する電気計時での9秒台計測は、国内大会で初めてとのこと。


今回の多田選手の記録を無風状況で換算してみますと、

 無風に換算した記録 → 10秒13

となります。やはり4・5メートルの追い風は0.19秒のアドバンテージを与えていることになり、走者には相当有利に働きます。

なお、その後の決勝では10秒08(追い風1・9メートル)を記録し、優勝したとのこと。
(決勝の記録を無風に換算すると、10秒17になります)


いずれにしても、彼がこれから先新しいヒーローになるのか注目されることでしょうね。 まだ弱冠二十歳の学生ですから、彼の才能に期待したいです。

山県亮太、10秒03(日本歴代4位タイ)
陸上の全日本実業団対抗選手権最終日(9/25)に行われた男子100メートル決勝で、山県亮太選手が日本歴代4位(※)タイの記録に当たる10秒03(追い風0・5メートル)をマークし、優勝を飾りました。

今回の記録を無風に換算してみると 10秒05 となります。

これはかつて桐生祥秀選手がマークした最高タイム10秒01(追い風0・9メートル)の時と同程度ですので、これから先二人の対決が面白くなりそうです。

早く(無風状況の条件下で)10秒の記録を突破して貰いたいですね。


(※)日本歴代4位
   末續慎吾選手が2003年に10秒03(追い風1・8メートル)を記録

水泳:世界選手権2015 日本の競泳陣は安泰か?
競泳の世界選手権が先日閉幕しました。

日本のメダル数は前回大会の6個を下回り4個という結果になりました(目標は10個でした)。但し、金メダルを史上最多の3個獲得できたことは一応評価できるでしょう。が、しかし私は敢えてここで厳しい評価をします。それは金メダルは取れたけれども、記録が出ていないことです。

世間では競泳日本の力に将来期待が持てるようなムードが出ていますが、そんなに甘いものではないでしょう。やはり、記録が出てこそ力強さを発揮できるものです。

あのケイティ・レデッキーを見てくださいよ。泳ぐたびに記録を更新しているじゃありませんか。

来年のオリンピック、このままじゃ楽観できないでしょうね。

男子100m 黄色人種初、10秒の壁突破
先月の30日に米オレゴン州ユージンで行われた陸上のダイヤモンドリーグ第3戦プレフォンテーン・クラシックで、男子100メートルに出場した中国の蘇炳添(スー・ビンティエン、25歳)が9秒99をマークし、黄色人種では初めて10秒の壁を破りました。

この報道には日本も少なからず衝撃が走ったようですね。

彼は体格も決して大きくなく日本人と同じくらいですが、後半までスピードを維持できた点が良かったのでしょう。
条件として追い風が1・5メートルあり、タイソン・ゲイら強豪と走れたことも良い結果に繋がったと思います。

では、彼の記録が一体どれくらいなのか、例によって追い風と標高の条件を考慮しこのサイトで調べてみました。

 無風に換算した記録 → 10秒07

日本人の桐生祥秀君の最高タイム10秒01(追い風0・9メートル)の時は

 無風に換算した記録 → 10秒05

になるので、今回の蘇炳添の記録は桐生君よりわずか0秒02遅いことが分かります。
つまりは二人ともいいライバルなのですよ。


追い風や標高によって記録が左右されることは前々からこのブログで何度も述べてきました。
このような百分の1秒を競うスポーツならば、どこかで補正をかけてその記録を公認として発表して欲しい、というのが私の希望です。

桐生祥秀、追い風参考ながら9秒87
28日米テキサス州オースティンで行われた陸上男子100メートルで、東洋大の桐生祥秀(19)が3・3メートルの追い風参考記録ながら9秒87をマークして優勝しました。

この記録を無風状況に換算してみますと、下記のようになります。

オースティンの標高は154メートルなのでほぼフラット。例によってこちらのサイトで試してみますと、
 
 無風に換算した記録 → 10秒02

となります。

彼の最高タイムが10秒01(追い風0・9メートル)なので、ほぼベストの状態で記録したことになります。

早く公式記録として10秒の壁を破って貰いたいですね。

100mジュニア世界新 桐生祥秀選手のライバル
今年7月に陸上の世界ジュニア選手権が行われる、アメリカのオレゴン州ユージーンにて、全米学生選手権の男子100メートル決勝が今月13日にあり、18歳のトレイボン・ブロメルがジュニア世界新記録となる9秒97(追い風1・8メートル)をマークして優勝し、史上最年少の9秒台記録保持者になりました。

従来の公式記録は、ダレル・ブラウン(トリニダード・トバゴ)が記録した10秒01(0・0メートル)でした。

ブロメルは5月にも追い風4・2メートルの参考レースながら9秒77を記録していたそうです。

これらの記録を無風状況にて換算してみますと、以下のようになります。

 今回のブロメルの記録  9秒97 (追い風1・8メートル)
 無風に換算した記録  10秒06

 あくまで参考ですが、
 5月のブロメルの記録  9秒77 (追い風4・2メートル)
 無風に換算した記録   9秒94

 但し、いずれも標高によるアドバンテージは無いものとしています。


日本の桐生祥秀選手が昨年記録した10秒01(追い風0・9メートル)の時の場合は、無風に換算すると10秒05となりますので、お互い良いライバルになりそうですね。

ユージーンは記録の出やすい所なので、世界ジュニア選手権に注目したいです。


第93回関東学生陸上競技対校選手権大会
先日行われた第93回関東学生陸上競技対校選手権大会(埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)に於いて、男子1部100メートル決勝で、注目の桐生祥秀選手(18=東洋大1年)が、追い風1・6メートルの好条件の中、10秒05のセカンドベスト記録を出しました。

この記録は、例によって無風状況に換算してみますと10秒13に相当します。

追い風1・6メートルという条件だったので、出来ればもう少し意地を見せて欲しかったですね。

6月の日本選手権(福島)に期待しましょう。


それにしても、(私には)日本の陸上界は寂しい気がします。もっともっと桐生選手のような注目される逸材が現れないのかと残念でなりません。

世界との差 ゴールデングランプリ・100m
先日(5/11)国立競技場で行われたセイコーゴールデングランプリにて、注目の男子100メートルは強い向かい風(3・5メートル)の中、優勝したのはジャスティン・ガトリン(米国)選手で、その記録は10秒02でした。
また、一緒に走った18歳の桐生祥秀(東洋大)選手は10秒46で5位に終わりました。


この二人の記録を無風状況で換算した場合、どのような記録になるのか推測してみました。参考にしたのは以前にも紹介したこちらのサイトです。

 ジャスティン・ガトリン 
  無風に換算した記録 →  9秒78

 桐生祥秀
  無風に換算した記録 → 10秒20


上記からもわかるように、ジャスティン・ガトリン選手の記録が如何に凄いのか驚かされます。というのも、彼の自己ベスト記録が9秒79なので、ほぼその記録であの厳しい状況の中走り抜けたことになります。しかも年齢が32歳ですから、ん・・・。

あのような強い向かい風の中でもジャスティン・ガトリン選手は自分のベスト記録で走れるのですから、桐生選手が脱帽したのも頷けますよね。

実力日本一 スーパー高校生現る
久しぶりにスポーツの記事を取り上げました。


短距離界にスーパー高校生現る。

先月行われた織田幹雄記念国際陸上競技大会兼世界選手権代表選考会にて、高校3年生の桐生祥秀君(17歳)が、100メートルの競技で、ジュニア世界タイ記録となる10秒01をたたき出したことをご存じでしょう。追い風0・9メートルの条件で、予選でマークした記録でしたね。この記録は日本歴代2位に相当します。

日本記録は、1998年に伊東浩司氏がアジア大会の準決勝で樹立した10秒00です。今回の記録はその日本記録に0秒01という、距離にして僅か10センチ程度の差なのです。伊東氏が記録した時は、追い風1・9メートルの好条件でした。

こういう僅差の記録を扱う場合、なんといっても風の条件というのが重要な要素となります。今までもこの件につきましては過去に取り上げて何度か説明しました。

この度、『短距離競走における大気抵抗(風と標高)の影響を解析する現実的な数学的コンピュータモデルの作成』を研究されている方のサイトを参考に、仮に無風状況だったらどのような記録となるのか比較のために調べてみました。但し、どちらも平地(伊東氏はバンコク、桐生君は広島)として換算しておりますので、標高によるアドバンテージはなしとします。

 伊東氏の日本記録  10秒00 (追い風1・9メートル)
 無風に換算した記録 10秒09

 桐生君の記録     10秒01 (追い風0・9メートル)
 無風に換算した記録 10秒05

ということで、平地で無風に換算してみると、桐生君の方が0秒04速いことが分かります。

他に、朝原宣治氏(10秒02、追い風2・0m)や末續慎吾氏(10秒03、追い風1・8m)の記録もありますが、これも無風に換算するといずれも10秒12となって、桐生君の記録が如何に凄いか驚かされます。

いやー、この先楽しみですね。もちろん日本人初の9秒台を期待します。