FC2ブログ
情報の友
気になる情報を発信するブログです。
女子マラソンで驚異の記録
アメリカのシカゴマラソンが13日に行われ、女子でケニアのブリジット・コスゲイ選手が2時間14分4秒の世界新記録で優勝したとのこと。このタイムはこれまでの世界記録よりも1分以上速く、16年ぶりの更新ということです。

これまでの世界記録は2003年にイギリスのポーラ・ラドクリフ選手がマークした2時間15分25秒で、コスゲイ選手はこれをなんと1分21秒も更新したことになります。

コスゲイ選手はまだ25歳です。昨年この大会を2時間18分35秒で制し、今年4月のロンドン・マラソンでは2時間18分20秒の自己ベストで優勝しています。


上の記録を5km当たりで計算すると15分53秒余りとなります。ラドクリフ選手のタイムで同じように計算すると16分2秒余りですから、10秒近くも短縮していることになりますね。女子としては驚異の記録です。


日本の女子選手も頑張って欲しい。特に若い選手に期待したいです。

スポンサーサイト



人類の未知なる挑戦、マラソンで「2時間の壁」突破
マラソンで2時間1分39秒の世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、12日オーストリアのウィーン市内の公園で行われた企画で、人類で初めて「2時間の壁」を突破したとのこと。その記録はなんと1時間59分40秒だったそうです。尚、レースは非公認のため公式記録にはなりません。

どのように達成したかというと、全行程の90%が直線で高低差のほとんどない特設コースに、複数のペースメーカーがキプチョゲを囲んで風よけになって先導した模様。つまり、かなり好条件のもとで走り通したようですね。


上の記録を5km当たりで計算すると、なんと14分10秒余りになります。公認の世界記録が14分24秒余りですので、かなりのスピードですね。それにしても、よくもまあこんなペースでマラソンの距離を走れるもんですね。驚異としか言えないでしょう。


人間の身体能力がどこまで伸びるのか、ますます興味が湧いてきます。

小池祐貴 100メートル:9秒98
陸上のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会にて、男子100メートルで小池祐貴選手が 9秒98(追い風0・5メートル)をマークしたとのこと。これで9秒台に突入した日本選手は3人目となりました。


ロンドンは標高が低いため、それによるアドバンテージはありません。よって追い風だけを参考に、例によって無風状況に換算した記録はと言いますと 10秒00 となります。この記録は実質的にみて今のところ日本一です。


レースを観てみますと、小池選手にしては珍しく前半から積極的に飛ばしてゴールになだれ込んだ感じでした。それでも結果は4着で本人は悔しがっていたようですね。


彼は今年に入ってから急に伸びてきた選手で、今後の活躍にも期待が持てそうです。本職は200メートルが専門のようですが、そこでタイムが出ないようであれば100メートルに専念するかもしれませんね。

頑張れ! 日本陸上男子

この記録は凄い 男子200メートル:19秒50
スイスのローザンヌで行われた陸上のダイヤモンドリーグ第8戦にて、男子200メートルで21歳のノア・ライルズ(米国)が世界歴代4位の 19秒50 で優勝したとのこと。この記録は凄いと思います。

ローザンヌは標高がやや高い(600メートル)ため、昔から記録が出やすいところですが、それにしてもこのタイムは立派です。尚、競技時は向かい風0・1メートル吹いていたようです。


上記の記録をいつものようにこのサイトで無風状況に換算した結果、以下のようになりました。

 ノア・ライルズ選手の記録 19秒50 (向かい風0・1メートル)
 無風に換算した記録    19秒55

標高が高い分幾らかアドバンテージはありますが、ほぼ無風状態でのタイムですので、凄いといわざるを得ません。


彼のレースを観ていて思ったことは、あのウサイン・ボルト選手を彷彿させるような加速力が備わっていることです。特にレース後半直線に入ってからの加速の伸びが素晴らしいですね。

残念ながら、今の日本にはこのような爆発力を持った選手は見当たりませんね。

サニブラウン、実質日本一
陸上の第103回日本選手権大会第2日目、福岡・博多の森陸上競技場にて男子100メートル決勝が行われ、20歳のサニブラウン・ハキーム選手が大会記録を更新する 10秒02(向かい風0・3メートル)をマークして2年ぶり2度目の優勝となりました。尚2位には桐生祥秀選手が 10秒16、3位には小池祐貴選手が 10秒19 という結果でした。


サニブラウン選手の記録を例によって無風状況にて換算してみますと 10秒00 となります。このタイムは今までの日本人選手の中でも一番の記録となり、文句なく実質日本一です。彼が 9秒97 の日本新記録を樹立した時の無風状況での換算記録は 10秒01 です。


予選及び準決勝とレースを見た感じですと、スタートが悪くても中終盤で盛り返し、そのままゴールになだれ込むような迫力を持っているなと思いました。特に準決勝のレースは凄かったです。決勝でも向かい風の中で後半伸びていったのは力のある証拠でしょう。

彼のレース運びや中終盤の力強さは、かつてのウサイン・ボルト選手にどこか似ているように感じられます。


只、今回の日本選手権に山県亮太選手が出場できなかったのが私として一番心残りとなりました。また、他の選手がもっと10秒そこそこの記録で迫っていたら、尚面白かったでしょう。

サニブラウン・ハキーム 9秒97の日本新記録
米テキサス州オースティンで行われた全米大学選手権の100メートル決勝で、フロリダ大のサニブラウン・ハキーム選手が 9秒97 の日本新記録をマークして3位に入ったとのこと。追い風0・8メートルという条件での記録です。尚、優勝したのはディバイン・オドゥドゥル選手(ナイジェリア)で、タイムは 9秒86 でした。


上記の記録を無風状況に換算すると以下のようになります。

 サニブラウン選手の記録  9秒97 (追い風0・8メートル)
 無風に換算した記録    10秒01

 オドゥドゥル選手の記録   9秒86 (追い風0・8メートル)
 無風に換算した記録     9秒90

オースティンの標高(154m)はそんなに高くないので、それによるアドバンテージは殆どありません。


今回のサニブラウン選手の記録は、アジア大会で山県亮太選手が 10秒00 (追い風0・2メートル)を出したときと実質的には同じです。なので、実質10秒の壁は依然として破れてません(今回の追い風状況では 9秒95 ぐらい出てないといけません)。

前回の記事にも書いたように世界のトップは9秒8台です。ですから、10秒をちょっと切ったからといって喜んでいるわけにはいかないでしょう。もっと先を見ないとついて行けないと思います。

陸上100M、今季世界最高 9秒86
18日に上海で行われた陸上のダイヤモンドリーグ第2戦にて、男子100メートルで21歳のノア・ライルズ(米国)が今季世界最高のタイム 9秒86 で優勝したとのことです。2位のクリスチャン・コールマン(米国)も同タイムだったようです。尚、条件として追い風が0・9メートルあったとのこと。


上記の記録を無風状況に換算した場合、9秒90 というタイムになります。尚、上海は標高が低いため、それによるアドバンテージはありません。


やはり世界は速いですね。9秒8台が軽く出るわけですから、日本の陸上界ももっと目標を高く持たなくてはついて行けません。少なくみても9秒9台の前半が出るくらいでないと勝負にならないでしょう。


サニブラウン、100メートルで9秒99をマーク
陸上男子短距離でサニブラウン・ハキーム選手が、米アーカンソー州フェイエットビルで行われた大学南東地区選手権の100メートル決勝で、日本歴代2位となる9秒99(追い風1・8メートル)をマークしたとのことです。


早速この記録を例のサイトを利用して、アドバンテージを省いた条件で検証してみますと以下のようになります。

 サニブラウン選手の記録  9秒99 (追い風1・8メートル)
 無風に換算した記録    10秒09

フェイエットビルは標高(427m)も高く、また今回追い風が1・8メートルもあったため、無風に換算すると0.1秒のアドバンテージとなります。


彼のこれまでで一番いい記録は、2年前ロンドンで行われた世界選手権の予選でマークした10秒05で、この時は向かい風0・6メートルという悪条件でのことでした。これは無風状況に換算しますと10秒01にあたります。今回の記録はそれよりも実質的には悪いので、素直には喜べないですね。


ということで、残念ながら実質100メートル10秒の壁を突破したことにはなりません。他の選手も含め、まだまだ道のりは遠いようですね。

大迫傑、マラソン世界標準に近づく
昨日(7日)に行われたシカゴマラソンで、男子の大迫傑選手が2時間5分50秒の日本最高記録をマークして3位に入りました。大迫選手は3度目のフルマラソンで、日本選手初の2時間5分台の記録を樹立したとのこと。凄いですね。

従来の記録は、今年2月の東京マラソンで設楽悠太選手が記録した2時間6分11秒ですので、大迫選手は21秒も更新したことになります。

なお、優勝したのは英国のモハメド・ファラー選手で、2時間5分11秒でした。彼は年齢が35歳ということで驚きました。


大迫選手の記録を5km当たりで計算すると14分54秒あまりになります。先月ベルリンマラソンでケニアのエリウド・キプチョゲ選手が記録した世界最高記録(2時間1分39秒)を同じように5km当たりで計算した時は14分24秒あまりでしたので、まだ約30秒の差があることになります。

それでも、今回の大迫選手の記録はようやく世界レベルの基準に達したといっても過言ではありません。走りの条件によっては五輪でメダルを狙えるかもしれませんね。


これを機会にもっともっと選手達がお互い競い合い、レベルを上げていって貰いたいと思います。

モチベーションを高く持って・・・、ガンバレ日本!

逆風に泣かされた山県亮太
昨日(6日)福井県営陸上競技場で行われた国体の陸上成年男子100メートルの決勝は、山県亮太選手が向かい風5・2メートルという悪条件の中、10秒58で優勝しました。

残念だったのは台風25号による影響で強い向かい風が吹いていて、記録的な関心が薄れてしまったことです。それでも一人だけ飛び向けた走りを見せ、ゴールのテープを切りました。


上記の記録を無風状況に換算した場合、10秒16というタイムになります。

本人曰く「押し戻される感じ」とのことでしたが、こんな悪条件の中でのこのタイムはなかなかでしょう。


まあ、今年は残念でしたがいつかは彼に大きな微笑みが表れることでしょう。実力は日本一ですから・・・。

山県亮太 やはり実力日本一
大阪のヤンマースタジアム長居で23日に行われた陸上の全日本実業団対抗選手権男子100メートル決勝で、山県亮太選手が無風状況の中、10秒01のタイムを出し3連覇を果たしました。尚、桐生祥秀選手は10秒22で2位でした。


やはり、山県亮太選手は強かったですね。アジア大会でも10秒00を出し、このところ好調を維持しています。

このブログでも実力日本一は山県亮太選手であると言ってきました。その通りの結果が今年発揮されているようです。


今回の10秒01のタイムは無風状況の中での記録ですが、これは昨年同じ大会で出したタイム(10秒00:追い風0・2メートル)を無風状況に換算したものと全く同じになります。つまりコンスタントに良いタイムを叩き出していると言えます。

マラソンで驚異的な記録
9月16日のベルリンマラソンでケニアのエリウド・キプチョゲ選手が成し遂げた記録は、世界のマラソン界に衝撃的なニュースになりました。

タイムはこれまでの世界記録を1分以上更新する、2時間1分39秒というとてつもないもの。しかも日本のマラソン選手のほとんどが20代なのに、彼の年齢は33歳で驚かされます。


キプチョゲ選手の今回の記録は、5km当たりで計算すると14分24秒あまりになります。凄いですね。マラソンを走りながらのこの記録ですよ。日本の高校生の5,000mの記録と同じくらいのスピードです。

因みに、設楽悠太選手が出した日本記録(2時間6分11秒)を同じように5km当たりで計算すると14分57秒あまりとなり、キプチョゲ選手の方が30秒以上も速いことになります。世界との差を感じますね。


昔、マラソンの限界の記録は2時間3分程度だろうといわれていた時期がありましたが、この21世紀の今の段階で2時間の壁が破られる日も遠くないかもしれませんね。恐ろしいくらいです。

アジア大会 男子100メートル
ジャカルタで行われているアジア大会で、陸上の男子100メートル決勝が26日にあり、山県亮太選手が10秒00(追い風0.8メートル)の自己記録に並ぶタイムを出し、結果は3位でした。2位との記録差は僅か1000分の2秒ということで、その熾烈さを感じさせられましたね。

尚、アジア記録(9秒91)を持っている中国の蘇炳添が、9秒92の大会新記録をマークして優勝しました。流石です。


これらの記録を無風状況に換算してみました。

 蘇炳添選手の記録    9秒92
 無風に換算した記録   9秒96

 山形選手の記録      9秒997
 無風に換算した記録  10秒039

(上記はいずれもここのサイトを参考にしています)

山形選手の記録は参考のため1000分の1秒単位まで表示しています。(100分の1秒だと10秒04です)


やっぱり中国の選手は噂通り強かったですね。他の選手よりも一歩前を進んでいました。特に後半の走りは世界のトップクラスと遜色ないように見えました。

山形選手はスタートしてから前半までにトップスピードに乗っていて、そこから後半の加速が伸びていないように思えます。

この悔しさを次につなげて貰いたいですね。

サムライブルー 勝負強さが足りない
サッカーのワールドカップ・ロシア大会、日本チームは勝負強さに欠けていたというのが私の感想です。

勝ったのはコロンビア戦だけで、それも相手チームが一人欠けた状況での戦いでした。本来なら2-1どころか4-1ぐらいで勝っても可笑しくないところ、相手チームに助けられての勝利。正直日本チームの実力はこの程度かといった有様で、先が早くも暗い状況に思えました。

頑張ったのはセネガル戦ぐらいなもので、引き分けに持ち込むのがやっとといった戦力状況。ポーランド戦では昔のように点が取れない情けないチーム状態でした。

辛くも決勝トーナメントに出場できたものの、強敵ベルギーに対しては最後で勝負強さに違いが表れてしまいました。2-2になったところで、すでに日本チームの勝ちはなくなったと感じました。もうそのときの勝負にこだわる勢いが違いましたね。あとはご覧の通り。


そもそも、やはりメンバーを発表した段階で勝てないチームを作ってしまったと感じます。1勝1分2敗の成績がすべてを物語っています。結局、サプライズは有りませんでした。

中国・蘇炳添 二度目の9秒91
陸上のダイヤモンドリーグ・パリ大会で、男子100メートルに出場した中国・蘇炳添がまたまた9秒91(+0・8)のアジアタイを記録して3位に入りました。

凄いですね、彼の実力は本物なのでしょうか・・・?


当日の記録を例によって無風状況にて換算してみますと、以下のようになります。

 蘇炳添選手の記録    9秒91 (追い風0・8メートル)
 無風に換算した記録   9秒95


先日スペイン・マドリードで記録した時とほとんど変わらないタイムを出していますから、フロックではないようです。


以前の彼のベスト記録は9秒99だったので、こんなにもタイムが縮まるものだろうかと不思議な感じも致します。(薬物なんか使用していなければいいのですがね)