FC2ブログ
情報の友
気になる情報を発信するブログです。
令和3年8月、新アルトワークスによる実燃費
令和3年8月に走行した新アルトワークスによる実燃費を以下に報告します。

○期      間 : 7/30 ~ 8/30
○走 行 距 離 : 2034.6km
○ガソリン消費量 : 81.85L (20L+20L+20L+21.85L)

上記の値から、ガソリン満タン法で計算しますと平均燃費は 24.86km/L となります。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 25.0km/L を表示していました。8月にしては今までで最高燃費です。これまでは一昨年の8月にメーターの平均燃費で 24.6km/L を記録したのが最高値でした。

尚、4年前の旧アルトワークスではこの時期のメーターの平均燃費で 23.5km/L と記録しておりますので、新アルトワークスの方がかなり燃費が良くなっています。


今年の8月燃費が良かった要因としては、例年にない長雨が続いたせいで、その為エアコンの稼働を押さえることが出来たことです。夏場のエアコンによる負荷は燃費にかなり響きます。

スポンサーサイト



女子100メートル、世界記録に迫る
8月21日に行われたダイヤモンドリーグ・ユージン大会に於いて、女子100メートルでジャマイカのエレーン・トンプソン・ヘラーが10秒54(追い風0.9メートル)をマークして優勝したとのこと。

この記録は世界歴代2位にあたり、1988年にアメリカのフローレンス・グリフィス・ジョイナーが樹立した世界記録10秒49に僅か0.05秒に迫る好記録です。

彼女は先に行われた東京五輪でも、ジョイナーが1988年ソウル五輪でマークしたオリンピックレコード10秒62を33年ぶりに更新して、10秒61で優勝しています。


尚、このたびの記録を無風状況にて換算してみますと、10秒59になります。また、東京五輪でマークした記録は向かい風0.6メートルだったので、無風状況に換算しますと10秒57に当たります。
(いずれもここのサイトを参考にしています)


過去のジョイナーの記録は様々な疑惑を抱えていて(例えば薬物の問題やインディアナポリスでの予選会に於ける風速の問題等)、世界記録として認められていない向きもあり、今回エレーン・トンプソンがマークした記録が実質世界一といっていいでしょう。

中国の蘇炳添が驚異的なアジア新記録
昨日行われた東京オリンピック陸上男子100メートル準決勝で、中国の蘇炳添が9秒83(追い風0・9メートル)の驚異的なアジア新記録でフィニッシュしました。

従来のアジア記録は彼自身とフェミセウン・オグノデ(カタール)の9秒91でしたから、その記録を0秒08も縮めたことになります。

上の記録を例によって無風状況にて換算してみますと、以下のようになります。

 蘇炳添選手の記録    9秒83 (追い風0・9メートル)
 無風に換算した記録   9秒87

(上記はいずれもここのサイトを参考にしています)

ということで、蘇炳添選手はアジア人として初めて9秒8台を実質的に記録した選手になります。


この衝撃的な記録を見たとき、日本人が置いてきぼりにされたような感覚を持ちました。オリンピックのような大きな大会で、凄い記録を出せる選手が日本人にも現れて欲しいですね。

令和3年7月、新アルトワークスによる実燃費等
令和3年7月中に走行した新アルトワークスによる実燃費を以下に報告します。

○期      間 : 6/29 ~ 7/30
○走 行 距 離 : 1999.8km
○ガソリン消費量 : 78.74L (20L+20L+18L+20.74L)

上記の値から、ガソリン満タン法で計算しますと平均燃費は 25.3975km/L となります。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 25.4km/L を表示していましたので、今月も誤差なく正確な値となりました。

4年前の旧アルトワークスではこの時期メーターの平均燃費で 24.0km/L と記録しておりますので、新アルトワークスの方が先月に続きかなり燃費が伸びたことになります。


夏場のこの時期はエアコンを使用する機会が増えて燃費を落としてしまいます。特に街中で信号機が多いと、停止→発進の動作が増えますので燃費はがた落ちになりますよね。以前にも述べましたが、スマート信号機を設置して無駄な停止時間を減らすようになれば、燃費の減り方が軽減され、また車の流れもスムーズになると思います。AIが浸透してきた昨今、この対策が進めば日本の交通事情が劇的に変化すると思いますが、どうなんでしょう・・・。

令和3年6月、新アルトワークスによる実燃費
令和3年6月中に走行した新アルトワークスによる実燃費を以下に報告します。

○期      間 : 5/29 ~ 6/29
○走 行 距 離 : 2036.6km
○ガソリン消費量 : 77.16L (20L+20L+18L+19.16L)

上記の値から、ガソリン満タン法で計算しますと平均燃費は 26.39km/L となります。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 26.4km/L を表示していましたので、今月は誤差なく正確な値が出ました。

4年前の旧アルトワークスではこの時期メーターの平均燃費で 25.1km/L と記録しておりますので、新アルトワークスの方がかなり燃費が伸びています。


アルトワークスは自由自在に操れる車ですから楽しいです。まるで自分にピッタリ合ったスニーカーを履いて走っているみたいです。今後とも大切にしながら走り続けたいと思います。

山県亮太、決して喜べない日本新記録
昨日鳥取市のヤマタスポーツパーク陸上競技場で開催された布勢スプリントの男子100メートル決勝で、山県亮太選手が 9秒95 (追い風2・0メートル)の日本新記録を出しました。

確かに記録の数字の上では凄いことなんですけど、追い風が公認ギリギリの2・0メートルだったことが幸いしていて、実質的にはどうなのか?


そこで、今回の記録を例によって無風状況に換算した場合いくらになるか調べますと、10秒04 になります。なので、実質的には100メートル10秒の壁は破られていないことになります。残念ですが・・・。


山県亮太選手が今までで一番良かったのは、4年前に記録した 10秒00 です。このときは追い風が0・2メートルしかなく、無風状況では 10秒01 になります。


ということで、決して素直には喜べないレースでした。このあとの記録会に期待しましょう。

令和3年5月、新アルトワークスによる実燃費
令和3年5月、新アルトワークスで走行した実燃費は以下のようになりました。

○期      間 : 4/30 ~ 5/29
○走 行 距 離 : 1901.7km
○ガソリン消費量 : 72.35L (20L+20L+15L+17.35L)

上記の値から、ガソリン満タン法で計算しますと平均燃費は 26.28km/L となります。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 25.7km/L を表示していました。最後満タンに注いだ時幾分足りなかったかもしれません。それで誤差が出た模様です。

メーターの平均燃費で先月より少し落ちましたが、これは渋滞に遭遇したことがあったことと、梅雨入りがいつもより早かったのが原因と思われます。しかしながら、4年前の旧アルトワークスではこの時期メーターの平均燃費で 25.0km/L と記録しておりますので、それから比べますと新アルトワークスの方が燃費は良いですね。

令和3年4月、新アルトワークスによる実燃費
令和3年4月に走行した新アルトワークスによる実燃費を以下に報告します。

○期      間 : 3/30 ~ 4/30
○走 行 距 離 : 2089.0km
○ガソリン消費量 : 81.56L (20L+20L+20L+21.56L)

上記の値から、ガソリン満タン法で計算しますと平均燃費は 25.61km/L となります。また、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 25.9km/L を表示していました。

4年前の旧アルトワークスでは、この時期のメーターの平均燃費は 24.3~24.4km/L と記録しておりますので、新アルトワークスの方が 1.5km/L も伸びていることになります。


それにしてもこんなに燃費が良いとは驚きです。これまで4月の月間で最も良かったのは昨年で、メーターの平均燃費は 26.2km/L でした。しかし、昨年のこの時はタイヤが燃費の良いレグノでしたので、正確には比較対象になりません。

この先どのくらい燃費が伸びるのか楽しみです。

新アルトワークス、6ヶ月点検
昨日早めに新アルトワークスの6ヶ月点検を行いました。私は毎月の走行距離が多いため、いつも6ヶ月毎に点検を行っています。

新アルトワークスを購入してからまだ5か月ちょっとですが、すでに走行距離が1万キロを超えています。

エンジンオイルは勿論のことギヤオイルも交換しました。最初の頃ミッションシフトがいまいち馴染まなかったので、ちょっとギヤを鳴かしてしまいました。

他にはタイヤのローテーションも行いました。これも走行距離の関係で6ヶ月毎に実施しております。


車を大事に維持するためにはメンテナンスが大切ですよね。

女子ハーフマラソンで世界新記録
トルコのイスタンブールで4日に行われたハーフマラソンに於いて、女子の部でルース・チェプンゲティチ(ケニア)選手が1時間4分02秒の世界新記録を樹立しました。

従来の記録は昨年2月にアバベル・イェシャネー(エチオピア)選手がマークした1時間4分31秒で、チェプンゲティチ選手は29秒も更新したことになります。

尚、2位にはイェムゼルフ・イェフアラウ(エチオピア)選手が1時間4分40秒、3位にはヘレン・オビリ(ケニア)選手が1時間4分51秒とそれぞれ好記録でフィニッシュしました。


チェプンゲティチ選手の記録を5km当たりで計算してみますと、15分10秒あまりになります。日本記録が新谷仁美選手の1時間6分38秒ですので、これは5km当たり15分47秒余りになりますから、なんとその差は37秒にもなります。


世界は凄いですね。

令和3年3月、新アルトワークスによる実燃費
令和3年3月に走行した新アルトワークスによる実燃費を以下に報告します。

○期      間 : 2/27 ~ 3/30
○走 行 距 離 : 2056.5km
○ガソリン消費量 : 81.53L (20L+20L+20L+21.53L)

上記の値から、ガソリン満タン法で計算しますと平均燃費は 25.22km/L となります。また、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 25.4km/L を表示していました。

4年前の旧アルトワークスでは、この時期のメーターの平均燃費は 24.5km/L でしたので、新アルトワークスの方が 1km/L 近く伸びていますね。


4年前と同じタイヤなのにロードノイズが少ないように感じます。その分燃費が向上しているのか分かりませんが、この先もどのくらい伸びるのか注視したいと思います。

尚、新アルトワークスのカタログ燃費表示はWLTCの郊外モードで 23.2km/L ですので、実燃費はそれよりもかなり良い状態です。

鈴木健吾 日本人初の2時間4分台で日本新
先日(2/28)行われたびわ湖毎日マラソンで、鈴木健吾選手(富士通)が史上初の2時間4分台となる2時間4分56秒の日本新記録で優勝しました。以前の日本記録は大迫傑選手(Nike)が持っていた2時間5分29秒でしたので、それを33秒更新したことになります。


今回のマラソンで鈴木選手以外にも好記録が続出していたのには、いろいろと気象条件に恵まれていたことと、ペースメーカーの配分も良かったのが要因でしょう。

それにしても、鈴木選手のレース運びは巧みでしたね。前半は向かい風でしたので先頭集団を風除けに利用し、後半はタイミングを見計らって一気に抜け出し、最後は独走状態でゴール。さらに驚いたのには、ハーフのタイムが1時間2分36秒でしたが、後半はそれよりも速く駆け抜けていることです。まさに世界のトップクラスのレース内容で凄いの一言。


鈴木選手の記録を5km当たりで計算してみますと、14分48秒あまりになります。これは大迫選手の日本記録の時より4秒くらい速いタイムで駆け抜けていることになります。


この先、鈴木選手以外にも好記録を出す選手が現れるかもしれませんね。日本のマラソン界に明るい希望が沸いてきそうです。

令和3年2月、新アルトワークスによる実燃費とその他
令和3年2月に走行した新アルトワークスによる実燃費を以下に報告します。

○期      間 : 1/30 ~ 2/27
○走 行 距 離 : 1743.9km
○ガソリン消費量 : 70.30L (20L+15L+15L+20.30L)

上記の値から、ガソリン満タン法で計算しますと平均燃費は 24.81km/L となります。また、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 24.9km/L を表示していました。

先月より幾らか伸びています。4年前の旧アルトワークスでは、この時期のメーターの平均燃費で 24.2~24.3km/L と記録していますので、やはり新アルトワークスの方が良い結果となりました。


さて、話は変わりますが、今現在各車は何でもオートマチックなものばかりですね。例を挙げればオートマ車だったり、オートエアコンだったり、オートライト式だったり、・・・といろんなものが自動なんですよね。これって人間が馬鹿になるシステム作りじゃないですかね?

昔の車は良かったですね。人間中心の車作りで、人の判断で何もかも動いていて、操っているなと感じさせるものでした。

今では便利さばかりが目立つようになり、返って危険を伴うような車ばかりで、その為踏み間違い等の事故も増えています。可笑しいですよね。

もっと原点に戻って車作りを考えて欲しいです。

令和3年1月分、新アルトワークスによる実燃費
令和3年1月分の新アルトワークスによる実燃費を以下に報告します。

○期      間 : 12/29 ~ 1/30
○走 行 距 離 : 2059.4km
○ガソリン消費量 : 84.08L (20L+20L+20L+24.08L)

上記の値から、ガソリン満タン法で計算しますと平均燃費は 24.49km/L となります。また、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 24.7km/L を表示していました。

4年前の旧アルトワークスでは、同時期でメータ読みの平均燃費は 24.1km/L を示していましたので、やはり新アルトワークスの方が良くなっています。


昨年11月に納車された時にライトがオートライト式になっているため、点灯状態からエンジンをすぐ切ると、翌日エンジンの掛かりが悪いと報告しました。この対策としましては、エンジンを切る前にライトを先に消灯し、それから暫くしてエンジンを切れば翌日掛かりが悪くなることはなさそうです。

尚、マニュアルミッションに関しましては相当慣れてきましたので、今では違和感はありません。旧車同様快適な操作で楽しくドライブしています。

それでは、また。

新アルトワークス、令和2年12月の実燃費
新型アルトワークスによる令和2年12月分の実燃費を以下に報告します。

○期      間 : 11/28 ~ 12/29
○走 行 距 離 : 1999.0km
○ガソリン消費量 : 82.16L (20L+20L+20L+22.16L)

上記の値から、ガソリン満タン法で計算してみますと平均燃費は 24.33km/L となります。また、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 24.6km/L を表示していました。

4年前の旧アルトワークスでは、この時期メータ読みで平均燃費 24.0km/L を示していましたので、新アルトワークスの方が先月同様幾分良くなっています。

今年の12月は前半例年より気温が高く、メーター読みで先月と同じ平均燃費 25.2km/L を表示していましたが、後半になって気温が下がり上記のような結果になりました。


さて、燃費のことに関してですが、前にも述べたように燃費消費率の表示形式がWLTCモードに変更されています。カタログデータでは、

 平均 21.4km/L 《市街地モード 18.1km/L、郊外モード 23.2km/L、高速モード 22.0km/L

となっています。私的には日常の走行は郊外が主ですので、《郊外モード》をこのブログでも採用したいと思います。(これまでのJC08モードと殆ど同じですね)