FC2ブログ
情報の友
気になる情報を発信するブログです。
第44期棋王戦五番勝負第2局 渡辺棋王、2連勝
第44期棋王戦五番勝負の第2局は角換わり腰掛け銀の戦型で戦いが進み、結果先手の渡辺明棋王が後手の広瀬章人竜王を119手で破り、2勝目をあげて早くも防衛に王手を掛けました。


棋譜コメントを覗いたところ、88手目の△8七歩に代えて△8二香と打った手が載せてあり、ちょっと気になったので取り上げました。

△8二香以下▲7四歩△8六香▲7三歩成△同金▲7五桂に△5二玉▲2二竜△4二香▲8六銀△同馬▲8二歩の筋で、一例として△8七歩▲7七金寄(変化1図)と受けてどうかとありますが、これは明らかに後手が指しやすいと思います。

棋王戦第2局変化1図

上図から△8八金▲同金△同歩成▲同玉△8七歩▲同金△7九銀▲同玉に△8七馬(変化2図)となって明らかに後手が勝勢となります。

棋王戦第2局変化2図

なので、変化1図の▲7七金寄では▲7七銀と打ち込むことになりますが、それにも△8八銀▲同銀△6九金▲同玉△8八歩成・・・と後手の攻めが続き、やはり後手に分がありそうです。

つまり、88手目の△8七歩に代えて△8二香と指す手は後手にとって有力だったと言えますね。


広瀬竜王にとって本局は痛い敗戦となりましたね。次局で巻き返せるかどうかでこのシリーズが決まりそうです。

スポンサーサイト
第44期棋王戦五番勝負第1局 渡辺棋王、先勝
第44期棋王戦五番勝負の第1局が先日指し行われ、結果渡辺明棋王が広瀬章人竜王を84手で破り先勝しました。

相掛かりの戦型で駒が進み、終盤にかけては先手の広瀬竜王の方が幾分いいのではないかとみていましたが、73手目の指し手が疑問で渡辺棋王に指し負けてしまいました。

その手に代えて▲4三銀が勝負手だったとのことが棋譜コメントに述べられていますが、以降の指し手で気になったことがありましたので取り上げました。


コメントには△4三同銀▲3三角成に△3二銀の手順で以降▲1一馬とありますが、その前に一度▲5一金△3一玉としてから▲1一馬(変化図)と指した方が先手に得のような気がします。

棋王戦第1局変化図

変化図から△4二玉なら▲5二香として金を取らせない手があります。仮にコメント通り駒が進みますと、飛車が動いたところで後手玉の守りが薄まります。

戻りまして▲4三銀の他に▲2四歩も考えられそうですが、先手の勝ち方がはっきりしません。

いずれにしても終盤のこの局面が勝敗の鍵となりましたね。


次局はどんな戦い方になるか注目です。

アルトワークス 2019年1月の燃費報告
2019年の最初の月、1月の実燃費を報告します。

○期      間 : 12/29 ~ 1/29
○走 行 距 離 : 2004.4km
○ガソリン消費量 : 81.00L (20L+20L+20L+21.00L)

上記の値から、平均燃費は 24.75km/L となりました。ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 24.8km/L を表示していましたから、かなり正確な値が出たと思います。不思議と先月に比べて燃費が良くなっているので「あれ?」とおもいました。

因みに昨年のメーターの平均燃費は 24.7km/L を表示していましたので、殆ど差がないことになります。(但し、去年と今年はタイヤが違います)

先月も述べましたが、今年の暖冬傾向が燃費にプラスになっているのは確かですね。


アルトワークスのギアはクロスレシオなので、シフトチェンジが少なくてすみます。また、5速でも粘りが利くため、低速の街中でも不自由なく走れます。よって、5速のままで走っていると、まるでオートマの車に乗っているようにも思えます。

ということで、走り方に工夫をすれば燃費を良くすることは容易いです。いつも同じようなコースを走っていれば、どこでギアチェンジをしなければいけないのか自ずと分かっているので、無駄な運転をすることなくスムーズに走れます。

やっぱり、マニュアルトランスミッションの車はいいですね。カタログ燃費との差も少ないし(寧ろカタログ燃費以上)、走りにおいてはダイレクトに伝わるトルク感がたまりません。

わざとなのか、渋滞発生の原因
ある国道で片側一車線において渋滞が約5キロに渡って発生していました。道路交通情報センターの知らせでは別に事故や道路工事などによる渋滞ではなく、自然に発生したような状況でしたが・・・。

不思議に思い反対車線を走ってみると、数台の大型車がノロノロ運転を行っていました。それも間隔を開けて同じような運転をしていました。具体的に言いますと、1台のノロノロ運転の大型車の後ろに乗用車や貨物車などが何台か列なり、その後方に数十メートル間隔を空けてまた1台のノロノロ運転の大型車と数台の車が列なるといった様子でした。そういう隊列が長く尾を引くような格好になって、渋滞の最後尾は殆ど動けない状況でした。

渋滞に巻きこまれた運転手がこの状況を知らされれば頭にくるでしょう。私自身もあきれてしまいましたね。これは故意に行っているのでしょうか?


この国道は主要な道路で、他に一般道で迂回する場所もなく、迂回するとしたら高速道路を通るしかありません。

このような場合どのように取り締まるのでしょうかね。あなた方の近くの道路でも似たようなことはないですか?

今年12月のアルトワークス燃費
今年最後、12月のアルトワークスの燃費は以下のようになりました。

○期     間 : 11/28 ~ 12/29
○走 行 距 離 : 2014.5km
○ガソリン消費量 : 81.60L (20L+20L+20L+21.60L)

上記の値から、平均燃費は 24.69km/L となります。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 24.4km/L を表示していました。

昨年はメーター読みで 24.9km/L、さらにその前の年は 24.0km/L でしたので、今年はその中間ぐらいですね。まあ、この時期としてはなかなかの値だと思います。

今年は暖冬傾向にあり、この12月も比較的暖かく、従って燃費が良くなるのは当たり前ですね。


さて、アルトワークスのことですが、今月マイナーチェンジしているようです。5AGS車にデュアルセンサーブレーキサポート等の安全装備が充実して、価格がその分上がっています。

また、ボディカラーがいつの間にか赤系が無くなっていて、代わりにブリスクブルーメタリックが追加されています。

私のアルトワークスのボディカラーは黒系のブルーイッシュブラックパールなのですが、これがちょっと気にくわない感じです。それというのも、汚れが目立ちやすいからです。ボディデザインの面からも汚れが付きやすい感じがして、これは購入時失敗したなと今更ながら思います。

それにちょっと残念ですが、アルトターボRSが無くなっていますね。購入者が少ないのでしょうか。


将来アルトワークスがフルモデルチェンジしたら、どのように生まれ変わるのか期待していますが・・・。

第31期竜王戦七番勝負 広瀬新竜王の誕生
先頃指し終わった第31期竜王戦七番勝負の最終局は、挑戦者の広瀬章人八段が羽生善治竜王に勝って、4勝3敗でタイトルを奪取しました。

広瀬八段はシリーズ開始から2連敗と厳しいスタートでしたが、その後2連勝し、さらに第6局で快勝して流れを掴んだのが大きかったかもしれません。


最終局のポイントとして掲げたのは下図の局面で、次に後手の羽生竜王が指した手は△7一歩でした。これでは自陣の飛車の横利きが止まってしまって、捌きが不利になるのではと思ってしまいました。

竜王戦第7局79手目

代わりに上図から棋譜コメントにもあるように、△8二飛▲6五歩△2五馬▲3六歩△6五歩▲同銀△同銀▲同飛△6四歩▲7五飛△7四歩▲7二歩成△同飛▲8一角(変化1図)と変化していたらどうだったでしょうかね。

竜王戦第7局変化1図

変化1図から△7一飛▲6三角成△7五歩▲5三桂成△7六歩▲同銀△2二玉(変化2図)と進むと分からなくなりそうです。

竜王戦第7局変化2図

変化2図からさらに▲4一銀なら△3一金と指して、▲4二成桂△同金▲5二金△7六飛に▲4二金で後手玉に詰めろが掛かりますが、その瞬間△7八飛成以下の手順で先手玉が先に詰んでしまいます。

勿論、そんなに簡単にはいかないでしょうが、羽生竜王にとっては本譜の手は悔やまれますね。


今後は広瀬新竜王の活躍に注目が集まりそうです。それにしても、最近は若い世代が台頭してきて将棋界も賑やかになりましたね。

第31期竜王戦七番勝負第6局 3勝3敗のタイに
先日行われた第31期竜王戦七番勝負の第6局は、横歩取りの戦型となって戦いが進み、結果は挑戦者の広瀬章人八段が81手の短手数で羽生善治竜王を破り、お互い3勝3敗となりました。

いよいよタイトルの行方は最終戦の第7局へと持ち越されることになって、このシリーズもヒートアップしそうです。


さて、本局で一番のポイントとなったのが下図の局面からの次の一手で、本譜は△1九角成でしたが、代わりに△4五桂なら後手も有力とのことでしたが、はたしてどうでしょうか?

竜王戦第6局53手目

棋譜コメント以外の手で△4五桂に▲8一龍と指した手を考えてみました。以下△6五桂▲4八銀△同角成▲同金△5六歩▲同歩△5七銀▲4九玉△4八銀成▲同玉△5七桂右成▲3八玉△4八金▲2八玉(変化図)で旨くいきません。

竜王戦第6局変化図

途中他の変化も考えられますが、決して後手がいいとは言えないと思います。やはり羽生竜王の完敗でしたね。


第7局が待ち遠しいですね。

第31期竜王戦七番勝負第5局 羽生竜王、防衛に王手
昨日指し終わった第31期竜王戦七番勝負の第5局は、戦型が矢倉模様となって興味を引いたものの、挑戦者の広瀬章人八段の指し手が思わしくなく、結果139手で羽生善治竜王が勝ってタイトル防衛に王手を掛けることになりました。

封じ手当たりから形勢に差が出てきて後手の広瀬八段が苦しい展開となり、その後は羽生竜王にミスらしい手もなく順調に駒を進めて勝利しました。


終盤後手の広瀬八段に一つチャンスらしい手があったように思われたので、下記に取り上げてみました。

竜王戦第5局97手目

上図は先手の羽生竜王が意表を突く▲7一金打と指したところで、後手の広瀬八段は少考の末△5五角と王手で応じたのですが、代わりに△8七飛成!と強襲を掛け、以下▲同金△2八飛▲3八飛にここで△5五角(変化図)と指していたらどうだったでしょうかね。

竜王戦第5局変化図

変化図から▲9八玉なら△2一飛成と成桂を抜くことが出来ます。また▲7七角なら△3八飛▲同金に△5八飛と打ち込めます。

遡って△8七飛成に▲同玉は△8六歩▲7七玉にやはり△5五角と指し、以下▲6八玉△2八飛▲5八飛△5七銀くらいですかね。

まあ、いずれも後手が勝つには苦労しそうなので何とも言えませんがね・・・。


さて、次戦で羽生竜王が勝つとタイトル通算100期獲得というとんでもない記録が生まれることになりますが、そこで広瀬八段が意地を見せつけられるのかとても興味深い対局になりそうです。

アルトワークス 今年11月の実燃費
アルトワークスを乗り始めてから今年の11月で2年が経ちました。走行距離も 49000km を超えて益々調子よく走っております。

さて、11月のアルトワークスの実燃費ですが以下のようになりました。

○期     間 : 10/28 ~ 11/28
○走 行 距 離 : 2014.2km
○ガソリン消費量 : 80.97L (20L+20L+20L+20.97L)

上記の値から、平均燃費は 24.88km/L となります。尚ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 25.0km/L を表示していました。

先月より少し落ちましたが納得のいく値なので気になりません。因みに昨年の11月はメーターの平均燃費読みで 25.1km/L を表示していましたので同じくらいですね。


走行中はメーターが示す瞬間燃費を参考にアクセルワークやチェンジレバーを駆使しており、このことがかなり燃費向上に役立っている感じがします。

エンジンの回転数は余り無理せず抑えながら効率よい走りを追求しています。勿論登坂車線等の追い越し時にはそれなりに回転数は上がりますが、レッドゾーンに食い込むほどの荒い運転は避けています。

第31期竜王戦七番勝負第4局 広瀬八段勝って2勝2敗に
4度目の角換わり戦となった第31期竜王戦七番勝負の第4局は、終盤に挑戦者の広瀬章人八段が逆転して勝利し、2勝2敗のタイとなりました。

本局羽生善治竜王にはいくらでも勝てるチャンスがあったそうですが、それがどう転んだものか、結果は逆転負けとなってしまいました。


下図は最終盤の局面で、ここでも後手の羽生竜王が旨く対処していれば勝てたかもしれません。

竜王戦第4局129手目

本譜は△4三歩と打ったために、▲2五歩以下数手で負けとなってしまいました。

代わりに△3三桂と打っていれば▲2五歩には△同桂▲4五銀の詰めろにもう一つの桂馬で△5三桂と打ち、以下▲3四成銀△1三玉▲1五歩△同歩▲5四歩に△7四歩(変化図)・・・、と進行すれば後手も有望だったように思います。

竜王戦第4局変化図

変化図で▲同龍は△4五桂と銀を取れます。▲7九銀なら△8五角と攻めの手がありそうです。


羽生竜王の終盤の指し手がちょっと気になりますが、第5局以降の展開に興味が湧いてきました。

第31期竜王戦七番勝負第3局 広瀬八段 初勝利
相変わらず同じような戦型で行われていた第31期竜王戦七番勝負の第3局、結果は挑戦者の広瀬章人八段が羽生善治竜王を130手で破って1勝2敗とし、この後の戦いが面白くなってきました。


注目した局面を私なりに取り上げました。

下図に示す48手目の局面で、次に先手の羽生竜王は▲3七角と打ち込みましたが、なんだかもったいないような角の使い方であまりピーンときませんでした。

竜王戦第3局48手目

代わりに上図から▲6八飛と指して、以下△3三銀(壁銀の解消)▲6三角!△5九角▲6九飛△7七角成▲同桂△7五歩▲5四角成△同歩▲6三歩成(変化図)・・・、と進めていたらどうだったでしょう。

竜王戦第3局変化図

変化図からは△5八銀▲6八飛△8六歩▲同歩△7六歩▲6二と・・・、という具合に先手の攻めが活きる展開になれば面白そうです。


本局は羽生竜王が思いきって角切りを敢行して攻勢に出たのですが、微妙な差で最後は広瀬八段の勝ちとなりました。

次局以降の対戦に興味が湧きますが、さてどのような戦型で望むのか楽しみなシリーズとなりそうです。

アルトワークス 今年10月の実燃費
時が経つのも早いもので、もう秋の終わりを感じさせられる季節感となって参りました。

さて、10月分(9/26~10/28)の実燃費ですが、意外に良い結果となりましたので以下に報告します。

○走 行 距 離 : 2057.6km
○ガソリン消費量 : 81.83L (20L+20L+20L+21.83L)

上記の値から、平均燃費は 25.14km/L となりました。ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 25.4km/L を表示していました。満タン法で計算した値は先月との誤差がありますのであまり参考にはなりません。(先月の値が良すぎた)

昨年10月のメーターの平均燃費は 24.8km/L でしたので今年は大分良くなっています。タイヤを交換した為なのかはよく分かりませんが、いい傾向にはなっています。


総走行距離も 47000km に達して益々調子が良くなっていますので、このまま伸び続けて貰いたいと願っています。

第31期竜王戦七番勝負第2局 羽生竜王2連勝
引き続き将棋の話題から、第31期竜王戦七番勝負の第2局を取り上げました。

第1局同様角換わり腰掛け銀となった第2局、途中先手の広瀬章人八段がリードしていたように思われましたが、下図の局面以降後手の羽生善治竜王が逆転して2連勝しました。

竜王戦第2局80手目

上図の局面から本譜は▲6六同金でしたが、次に△4三桂と打たれて角が追われ、徐々に先手が不利になっていきました。

▲6六同金に変わって、ここはまだしも▲6六同角の方が良かったように思えました。以下△6七金▲同銀△8七歩に▲7六銀打(変化図)と頑張ってどうだったでしょう。

竜王戦第2局変化図

それでも、変化図から△5四桂▲5五角△6六歩▲同金に△3六歩と攻め継がれると先手はやはり苦しいですか。先手は2八にいる飛車を縦方向に易々と動かせませんからね。(後手から飛車の縦方向を塞ぐ手がありそうなので難しいところです)

翻ってみると、80手目の△6六歩の突き出しが良かったんですね。


それにしても、羽生竜王は好調ですね。このまま行けばストレートでの防衛も可能かもしれません。

出来れば、他の戦型での戦いを期待したいですね。(振り飛車対居飛車のような)

第31期竜王戦七番勝負 第1局
久々に将棋のことを話題にします。

先日行われた第31期竜王戦七番勝負の第1局を取り上げました。

戦型は角換わり腰掛け銀となってお互いいい勝負でしたが、最後は羽生善治竜王が141手で挑戦者の広瀬章人八段を下し、幸先の良いスタートを切りました。


いろいろと形勢が動いたようですが、私なりに注目した局面を以下に記しました。

おやっと思ったのが下図に示す87手目の局面で、図から後手の広瀬八段は△2一飛として龍を取ったのですが、次に先手の羽生竜王に▲3二桂成と指されて後手玉が一気に薄くなってしまい、これでは後手は不利だろうと思った次第です。

竜王戦第1局87手目

上図から単に△同歩と応じて、以下▲同龍△3六角▲4七銀△同角成▲同金に△5五桂(変化図)と打ち込んでどうだったんでしょうか?

竜王戦第1局変化図

只変化図から▲同銀△同銀となると、どちらも攻め手が難しいような気がしますね。斜めに進む駒と桂馬と歩ですからね・・・。


そのほかの局面でも気になるところはあったんですが、記事にするまでには至りませんでした。


次局以降も楽しみに観戦したいと思います。(なにしろ羽生さんのタイトル通算100期獲得が懸かっていますからね)

大迫傑、マラソン世界標準に近づく
昨日(7日)に行われたシカゴマラソンで、男子の大迫傑選手が2時間5分50秒の日本最高記録をマークして3位に入りました。大迫選手は3度目のフルマラソンで、日本選手初の2時間5分台の記録を樹立したとのこと。凄いですね。

従来の記録は、今年2月の東京マラソンで設楽悠太選手が記録した2時間6分11秒ですので、大迫選手は21秒も更新したことになります。

なお、優勝したのは英国のモハメド・ファラー選手で、2時間5分11秒でした。彼は年齢が35歳ということで驚きました。


大迫選手の記録を5km当たりで計算すると14分54秒あまりになります。先月ベルリンマラソンでケニアのエリウド・キプチョゲ選手が記録した世界最高記録(2時間1分39秒)を同じように5km当たりで計算した時は14分24秒あまりでしたので、まだ約30秒の差があることになります。

それでも、今回の大迫選手の記録はようやく世界レベルの基準に達したといっても過言ではありません。走りの条件によっては五輪でメダルを狙えるかもしれませんね。


これを機会にもっともっと選手達がお互い競い合い、レベルを上げていって貰いたいと思います。

モチベーションを高く持って・・・、ガンバレ日本!