FC2ブログ
情報の友
気になる情報を発信するブログです。
女子マラソンで驚異の記録
アメリカのシカゴマラソンが13日に行われ、女子でケニアのブリジット・コスゲイ選手が2時間14分4秒の世界新記録で優勝したとのこと。このタイムはこれまでの世界記録よりも1分以上速く、16年ぶりの更新ということです。

これまでの世界記録は2003年にイギリスのポーラ・ラドクリフ選手がマークした2時間15分25秒で、コスゲイ選手はこれをなんと1分21秒も更新したことになります。

コスゲイ選手はまだ25歳です。昨年この大会を2時間18分35秒で制し、今年4月のロンドン・マラソンでは2時間18分20秒の自己ベストで優勝しています。


上の記録を5km当たりで計算すると15分53秒余りとなります。ラドクリフ選手のタイムで同じように計算すると16分2秒余りですから、10秒近くも短縮していることになりますね。女子としては驚異の記録です。


日本の女子選手も頑張って欲しい。特に若い選手に期待したいです。

スポンサーサイト



人類の未知なる挑戦、マラソンで「2時間の壁」突破
マラソンで2時間1分39秒の世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、12日オーストリアのウィーン市内の公園で行われた企画で、人類で初めて「2時間の壁」を突破したとのこと。その記録はなんと1時間59分40秒だったそうです。尚、レースは非公認のため公式記録にはなりません。

どのように達成したかというと、全行程の90%が直線で高低差のほとんどない特設コースに、複数のペースメーカーがキプチョゲを囲んで風よけになって先導した模様。つまり、かなり好条件のもとで走り通したようですね。


上の記録を5km当たりで計算すると、なんと14分10秒余りになります。公認の世界記録が14分24秒余りですので、かなりのスピードですね。それにしても、よくもまあこんなペースでマラソンの距離を走れるもんですね。驚異としか言えないでしょう。


人間の身体能力がどこまで伸びるのか、ますます興味が湧いてきます。

アルトワークス、2019年9月の実燃費
2019年9月分、アルトワークスの実燃費は以下のようになりました。

○期      間 : 8/29 ~ 9/29
○走 行 距 離 : 2271.5km
○ガソリン消費量 : 86.50L (15L+20L+20L+15L+16.50L)

上記の値から、満タン法で計算してみますと平均燃費は 26.26km/L となります。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 25.8km/L を表示していました。

この月は平年よりも暖かく、その為エアコンの使用頻度も高かったのですが、巧い具合にエアコンの稼働を押さえながら運転していたため、上記のような好燃費に繋がったものだと思います。勿論、温度が低い日はエアコンは使用していません。


振り返ってみますと、タイヤをレグノに交換してから早1年が過ぎましたが、燃費が徐々に良くなっていて驚いています。タイヤを交換してからの走行距離も 26000km 以上に達し、益々好調に走っています。

アルトワークス、今年8月の実燃費
2019年8月におけるアルトワークスの実燃費を報告します。

○期      間 : 7/30 ~ 8/29
○走 行 距 離 : 1985.8km
○ガソリン消費量 : 80.16L (20L+20L+19.16L+21L)

上記の値から、満タン法での平均燃費は 24.77km/L となりました。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 24.6km/L を表示していました。

今年の8月は例年通りの暑さが続いたのですが、最後の週に秋雨前線による影響で気温が低下し、エアコンの負荷を押さえることが出来たので上記のような好結果になった模様です。

尚、猛烈な暑さというものが少なくて、その為エアコンの負荷を小さくして走っていましたので、その頃のメーターの平均燃費でも 24.0km/L くらいありました。最後の週にはエアコンを効かす機会も少なく燃費が上昇した次第です。


もうすぐ最初の車検が近づいてきていますが、すでに走行距離は 67000km 以上に達していて、かなり走っているなと感じます。アルトワークスの燃費の良いことはこのブログで度々伝えていますが、これまでに一度もカタログ燃費以下になったことがなく、ほんとに凄いと思います。
【参考:カタログ燃費(JC08モード) = 23.0km/L

アルトワークス、7月だというのに異常な燃費
2019年7月1ヶ月分のアルトワークスの実燃費にビックリ。内容は以下のように・・・。

○期      間 : 6/29 ~ 7/30
○走 行 距 離 : 2044.2km
○ガソリン消費量 : 78.60L (20L+20L+20L+18.60L)

上記の値から、満タン法での平均燃費はなんと 26.01km/L となりました。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 25.7km/L を表示していました。

例年なら猛暑になる次期なのですが、今年の7月は梅雨の影響が大きくて夏場にしては気温が低く、その為エアコンの稼働率も少なくてすみ好燃費に繋がりました。

7月の前半まではメーターの平均燃費で 26.6km/L を指示していましたからね。その後気温が上がり、エアコンを使用する機会が出てきて上記のような結果となった次第です。


さて、車のエアコンの使い方についてですが、一番燃費を悪くするのはエアコンが効いた状態で発進することです。停止状態から車を動かす時が一番エネルギーを消耗します。そこで、発進時にはエアコンのスイッチ(A/C)を切り、送風状態にして車を動かすように心掛ければ、かなり燃費を稼ぐことが出来ます。

最近のカーエアコンは殆どオートエアコンになっていますが、AUTOのスイッチは使わずに、マニュアル的に使用するように心掛ければ車の燃費は良くなります。そういう意味で言うと昔のアナログ的な手動エアコンの方が良かったですね。


燃費の良し悪しでかなりガソリンの消費量が違ってきますから、私のように走行距離が長いドライバーの方はこの際いろいろ工夫して運転されてはどうですか。

小池祐貴 100メートル:9秒98
陸上のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会にて、男子100メートルで小池祐貴選手が 9秒98(追い風0・5メートル)をマークしたとのこと。これで9秒台に突入した日本選手は3人目となりました。


ロンドンは標高が低いため、それによるアドバンテージはありません。よって追い風だけを参考に、例によって無風状況に換算した記録はと言いますと 10秒00 となります。この記録は実質的にみて今のところ日本一です。


レースを観てみますと、小池選手にしては珍しく前半から積極的に飛ばしてゴールになだれ込んだ感じでした。それでも結果は4着で本人は悔しがっていたようですね。


彼は今年に入ってから急に伸びてきた選手で、今後の活躍にも期待が持てそうです。本職は200メートルが専門のようですが、そこでタイムが出ないようであれば100メートルに専念するかもしれませんね。

頑張れ! 日本陸上男子

この記録は凄い 男子200メートル:19秒50
スイスのローザンヌで行われた陸上のダイヤモンドリーグ第8戦にて、男子200メートルで21歳のノア・ライルズ(米国)が世界歴代4位の 19秒50 で優勝したとのこと。この記録は凄いと思います。

ローザンヌは標高がやや高い(600メートル)ため、昔から記録が出やすいところですが、それにしてもこのタイムは立派です。尚、競技時は向かい風0・1メートル吹いていたようです。


上記の記録をいつものようにこのサイトで無風状況に換算した結果、以下のようになりました。

 ノア・ライルズ選手の記録 19秒50 (向かい風0・1メートル)
 無風に換算した記録    19秒55

標高が高い分幾らかアドバンテージはありますが、ほぼ無風状態でのタイムですので、凄いといわざるを得ません。


彼のレースを観ていて思ったことは、あのウサイン・ボルト選手を彷彿させるような加速力が備わっていることです。特にレース後半直線に入ってからの加速の伸びが素晴らしいですね。

残念ながら、今の日本にはこのような爆発力を持った選手は見当たりませんね。

アルトワークス燃費と交通違反取り締まりにつて
2019年6月のアルトワークス実燃費は過去最高の値となりました。以下に報告します。

○期      間 : 5/29 ~ 6/29
○走 行 距 離 : 2144.5km
○ガソリン消費量 : 80.28L (20L+20L+20L+20.28L)

上記の値から、満タン法での平均燃費は 26.71km/L となりました。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は 26.3km/L を表示していました。

昨年の6月も異常な値が出てビックリしていましたが、満タン法での数値はガソリンの注ぎ方に問題があるとしても、メーターの平均燃費が 26km/L 以上も出たことについては本当に驚きです。

今年の6月はいつもより梅雨入りが極端に遅く、また湿気もなくカラッとした日が多かったので、車の走行に好影響が出たのでしょう。


さて話は変わりますが、ついこの間速度違反で捕まってしまいました。いつも通る道路で白バイが時々追跡しているのは知っていましたが、周りに他の車がいなかったのでうっかりして飛ばしてしまいました。

場所は片側2車線で普段の交通量は比較的少なく多少の勾配がある道路で、初めての人ならつい飛ばしてしまうところです。特に交通事故が多いという場所ではありません。

つまり、速度違反取り締まりというのは別に交通事故を予防するためではなく、彼らの功績を挙げるための手段なのです。道路にある速度標識はその為のもので、交通事故抑制にはなっていません。

本当に交通事故を予防したいならば、もっと危険な場所で取り締まるべきですよね。まったく日本の警察のやり方には疑問符がいっぱい付きます。

そもそも速度標識に意味があるのでしょうか? 私は速度標識はなくしても良いと思います。暴走行為をしている車両等は現代の技術で捉えることは出来ると思います。何のための交通違反取り締まりなのか、納得いかない事例がいっぱいあります。

あるときこんな事がありました。別の片側2車線の道路で2台の普通車が猛スピードで走り去った後、その後に続いていた軽自動車を白バイが追跡していったのです。明らかに弱いものいじめですね。そう言えば白バイ等に捕まっている車両は軽乗用車か原付2輪車がとても多いです。本当に暴走している車を捉えているところを見たことがありません。

皆さんは、警察の取り締まりについてどう思われますか?

サニブラウン、実質日本一
陸上の第103回日本選手権大会第2日目、福岡・博多の森陸上競技場にて男子100メートル決勝が行われ、20歳のサニブラウン・ハキーム選手が大会記録を更新する 10秒02(向かい風0・3メートル)をマークして2年ぶり2度目の優勝となりました。尚2位には桐生祥秀選手が 10秒16、3位には小池祐貴選手が 10秒19 という結果でした。


サニブラウン選手の記録を例によって無風状況にて換算してみますと 10秒00 となります。このタイムは今までの日本人選手の中でも一番の記録となり、文句なく実質日本一です。彼が 9秒97 の日本新記録を樹立した時の無風状況での換算記録は 10秒01 です。


予選及び準決勝とレースを見た感じですと、スタートが悪くても中終盤で盛り返し、そのままゴールになだれ込むような迫力を持っているなと思いました。特に準決勝のレースは凄かったです。決勝でも向かい風の中で後半伸びていったのは力のある証拠でしょう。

彼のレース運びや中終盤の力強さは、かつてのウサイン・ボルト選手にどこか似ているように感じられます。


只、今回の日本選手権に山県亮太選手が出場できなかったのが私として一番心残りとなりました。また、他の選手がもっと10秒そこそこの記録で迫っていたら、尚面白かったでしょう。

第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負 第2局
先日行われた第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第2局は、挑戦者の渡辺明二冠が豊島将之棋聖を106手で破り、対戦成績を1勝1敗のタイとしました。

本局の戦型は角換わり腰掛け銀。後手の渡辺二冠が途中でペースを掴んでやや有利の展開模様でしたが、それでも最終局面辺りでは先手の豊島棋聖の方に形勢が傾きかけたようにも思えました。


特に私が気になった点は下図の局面で、本譜は次に▲2四飛と指しましたが、代わりに▲7六同玉と応じ、

棋聖戦第2局92手目

以下△2三金▲4七金△8五歩▲7七銀△7五金▲6七玉△4五桂に▲5五馬(変化図)という手順でどうだったでしょうか。

棋聖戦第2局変化図

戻って、△2三金のところ代わりに△6八角成の詰めろには、▲7七銀打として先手玉大丈夫だと思います。


豊島二冠は早々と悲観していたかもしれませんね。終盤ですからじっくり考え込むことも出来ず、ベストな手が浮かばなかったのでしょう。

両者タイとなったこのあと、次局の展開に注目しています。

サニブラウン・ハキーム 9秒97の日本新記録
米テキサス州オースティンで行われた全米大学選手権の100メートル決勝で、フロリダ大のサニブラウン・ハキーム選手が 9秒97 の日本新記録をマークして3位に入ったとのこと。追い風0・8メートルという条件での記録です。尚、優勝したのはディバイン・オドゥドゥル選手(ナイジェリア)で、タイムは 9秒86 でした。


上記の記録を無風状況に換算すると以下のようになります。

 サニブラウン選手の記録  9秒97 (追い風0・8メートル)
 無風に換算した記録    10秒01

 オドゥドゥル選手の記録   9秒86 (追い風0・8メートル)
 無風に換算した記録     9秒90

オースティンの標高(154m)はそんなに高くないので、それによるアドバンテージは殆どありません。


今回のサニブラウン選手の記録は、アジア大会で山県亮太選手が 10秒00 (追い風0・2メートル)を出したときと実質的には同じです。なので、実質10秒の壁は依然として破れてません(今回の追い風状況では 9秒95 ぐらい出てないといけません)。

前回の記事にも書いたように世界のトップは9秒8台です。ですから、10秒をちょっと切ったからといって喜んでいるわけにはいかないでしょう。もっと先を見ないとついて行けないと思います。

第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第1局
久しぶりに将棋のエントリーを取り上げます。

先日行われた第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第1局で気になった点を述べます。

形勢は中盤辺りから先手の渡辺明二冠の方が良いと思っていたのですが、最終盤辺りで一手のミスで形勢がひっくり返り、後手の豊島将之棋聖の勝ちとなりました。


私が気になった点は下記の局面で、本譜の▲4五角よりは▲5六馬と引いて戦ったらどうだったかと・・・。

棋聖戦第1局126手目

以下参考手順は、▲5六馬△4五歩▲同馬△3四銀に▲6三馬(変化1図)でどうか?

棋聖戦第1局変化1図

変化1図から△7五桂には▲7八玉で逃れているように思えます。

只、△3四銀の代わりに△3四金なら▲6三馬△7五桂▲7八玉△8七銀▲6八玉△3二金▲6四馬△4五金!▲7五馬△7八金▲5七玉に△5四飛(変化2図)という変化で旨くいきません。

棋聖戦第1局変化2図

つまり▲3四銀の変化で▲6三馬から△5四飛まで同じ手順で進めてみますと、次に▲6六玉と逃れることが出来るのです。


ううん、将棋は難しいですね。時間が切羽詰まっていたらこれらの変化が読めるのかどうかで形勢がうんと左右されそうです。

一手の違い、恐ろしいです。

アルトワークス、2019年5月の実燃費
2019年5月、アルトワークスの実燃費は以下のようになりました。

○期      間 : 4/28 ~ 5/29
○走 行 距 離 : 2074.9km
○ガソリン消費量 : 80.69L (20L+20L+20L+20.69L)

上記の値から、満タン法での平均燃費は 25.71km/L となりました。尚、ガソリン満タン時のメーターの平均燃費は先月と同じ 25.6km/L を表示していました。

昨年は満タン法で 25.58km/L 、メーター読みで 25.5km/L でしたから、ほんのちょっと今年の方が良かったことになります。これは雨の期間が短く天気に恵まれたからでしょう。


アルトワークスは良くチューニングされた車ですが、一つ難点を言えばカーブで高速走行すると腰高が影響しているのか浮いたような感じになることです。普通に走行する分には足腰は安定していて安心ですが、これを過信してカーブで高速走行するのは危険を感じることになりかねません。

純正のショックアブソーバーは良いものがついているので、スプリングだけ取り替える方法もありますが、それに反比例して乗り心地が悪くなるのは嫌です。あまり跳ね上がるのは好きでないため思案のしどころです。

カタログデータでも最低地上高は 155mm と高めです。スポーツタイプですから、もう 20~30mm 低かったら見た目にも違っていたと思います。レカロシートが規格上高めなので、車体自体を低くして欲しかったですね。

陸上100M、今季世界最高 9秒86
18日に上海で行われた陸上のダイヤモンドリーグ第2戦にて、男子100メートルで21歳のノア・ライルズ(米国)が今季世界最高のタイム 9秒86 で優勝したとのことです。2位のクリスチャン・コールマン(米国)も同タイムだったようです。尚、条件として追い風が0・9メートルあったとのこと。


上記の記録を無風状況に換算した場合、9秒90 というタイムになります。尚、上海は標高が低いため、それによるアドバンテージはありません。


やはり世界は速いですね。9秒8台が軽く出るわけですから、日本の陸上界ももっと目標を高く持たなくてはついて行けません。少なくみても9秒9台の前半が出るくらいでないと勝負にならないでしょう。


サニブラウン、100メートルで9秒99をマーク
陸上男子短距離でサニブラウン・ハキーム選手が、米アーカンソー州フェイエットビルで行われた大学南東地区選手権の100メートル決勝で、日本歴代2位となる9秒99(追い風1・8メートル)をマークしたとのことです。


早速この記録を例のサイトを利用して、アドバンテージを省いた条件で検証してみますと以下のようになります。

 サニブラウン選手の記録  9秒99 (追い風1・8メートル)
 無風に換算した記録    10秒09

フェイエットビルは標高(427m)も高く、また今回追い風が1・8メートルもあったため、無風に換算すると0.1秒のアドバンテージとなります。


彼のこれまでで一番いい記録は、2年前ロンドンで行われた世界選手権の予選でマークした10秒05で、この時は向かい風0・6メートルという悪条件でのことでした。これは無風状況に換算しますと10秒01にあたります。今回の記録はそれよりも実質的には悪いので、素直には喜べないですね。


ということで、残念ながら実質100メートル10秒の壁を突破したことにはなりません。他の選手も含め、まだまだ道のりは遠いようですね。